性善説と性悪説。大切なのはどちらが正しいというよりもむしろ

あなたはどっち?

もし私に人間の性の善であることを疑わせるものがあるとしたら、それは人間の心における嫉妬の存在である。

嫉妬こそベーコンがいったように悪魔に最もふさわしい属性である。

なぜなら嫉妬は狡猾に、闇の中で、善いものを害することに向かって働くのが一般であるから。

三木清

世の中には性悪説と性善説、2つの見方がある。

このうち、正しいか間違っているかを別にして、どちらを信じれば実用的なのかを考えればやはり、性悪説を信じるほうが、世の中を生きていく上では、いろいろ都合が良いように思える。

なぜなら、特に特別な人生を送らなくても、ただ普通に生きているだけで、日々関わる人々のなかから、必ずしも「善」をは言えない何かを、容易に見出すことができるからである。

それは私の中にもあなたの中にも。きちんと見ようとすれば、それを確実に見ることができる。

たとえば、あなたは生まれて一度も、誰かによって不幸にされなかっただろうか?そして、誰かを憎まなかったことはあるだろうか?誰かの不幸を願わなかったことはないだろうか?

実際にあるものを否定してないようにするのはやはり、非合理的である。やはりどう否定しようが、そこにあるものはあるのだ。

それを考えれば人には基本的に、悪としか言いようがないものの存在が否認し難く存在し、個人の人間性や努力によって、善たらんと修養しているのだと思う。

つまるところ、我々が生きていくうえでは必ずしも善たり得ない現実がある。

だからこそ大切なのは、人の悪を助長せず、人の善が成長するのを助長する。そう考えて物事を考えた方が、何にしても現実的だし、実用的である。

別に綺麗事を信じるのはそれはそれで構わないが、すべては自己責任。

人の善を信じたいがゆえに両目を閉じて耳を塞いだ結果、目の前の現実を見失い、やがては手ひどくその信仰を裏切られる。

そうならないよう、注意することである。

出典

『人生論ノート』(新潮文庫、1978年)