友だちはたくさんいなくていい。一人でも本当の友だちがいれば

仲の良い友だち

友という字からは2つの人が見えてくる。

左上の傾いた人を右下の人が支えている・・・、それが友という本当の意味だよ。

武田鉄矢

人は一人では生きていけない。だから人は人を求め、支え合って生きていく。

なかでも特に友情は大切だ。辛い中励まし合い支え合い、ときにお互い競いあって、人生をともに生きていく。

ときに、孤独な旅路も必要だけれども、ずっと一人きりなのは辛い。だからやっぱり友だちはいるに越したことはない。

お互いを認め合って支え合う。世の中そんな友情関係があれば、生きていく甲斐もあるというものだ。

ただ友情にもいろいろあって、本物の友情もあるし、贋物の友情もある。

本物の友情はなかなか得にくいものだが、だからこそながーくながーく、何年も続くような友情関係は大切にしたい。それはお金を出しても買うことができない大切な縁だ。

もちろん、そんな友だちは稀だ。だから友だちはたくさんいなくていい。

しかし、人生で一人か二人は、何でも話せて、信頼し合い、いざというときは支え合える、本当の友だちを持ちたいものだ。

出典

『「愚」でもいい「直」に生きる』(2002年、青春出版社)