去ってしまった人は役割を終えた人である

肩を寄せ合う2人

人と人が出会うとき、そこには必ず理由がある。

その人と出会うことで経験できる何かがある。それを経験することが、自分の人生にとって必要不可欠であり、その人と出会うことによって、自分の未来が変わっていく。

そして、その役目を果たした人とは、自然と関係が遠のいていく。

つまり、望もうと望むまいと、出会うべき人とは出会い、必要な間は関係が継続するし、会う必要がなくなってしまった人とは、自然に関係が疎遠になる。

だからこそ、人間関係では執着は不要。今、周囲にいる人達、今あるご縁を大切にすべき理由も、まさにそこにある。

スポンサーリンク

「今」関係が続いているということ

今、何らかの縁がある人。昔からの友人でも未だに付き合いがある人。それはまだ、関係が続くだけの必然的な理由がある。

しかし、自分の元から去ってしまった人。過去に強い絆で結ばれていたにも関わらず関係が途絶えてしまって、もう会えなくなってしまった人。

それらの人とは、早い話、もう会う必要性がないのだ。それは自分だけでなく、相手にとっても同じである。

お互いが深層心理で、すでに出会いの役割を果たしていることを知っているのだ。だからこそ自然なカタチで、関係がフェードアウトしていくのである。

この仕組みを知っていれば、人間関係で必要以上に執着することはなくなる。そして、今関係がある人たちを大切にして、お互いにとって必要な役割を果たすことができる。

つまり、今関係があるということは、そこに出会いの必然性がある、ということである。

ご縁から学ぶべきことを学ぶ

あなたの身近にいるどんな人も、何かしら、必ず理由がある。

それが気に食わない人間であれ、トラブルを引き寄せる人間であれ、あなたが気づくべき何か、その人から経験すべき何かがあるということである。

そして、役目を果たした人は、あなたの人生から去っていく。そして、また新しい人との出会いがやってくる。

この意味で、人生は出会いと別れの連続というのは真実であり、至言である。

人と出会う、そこには必ず意味がある。そのことについて真剣に考えてみると、今の人間関係において、あなたが学べる何か、学ぶ必要がある何かがあることに気がつくだろう。

だからこそ、ご縁は大切にした方がいい。そこからでしかあなたが学べない、貴重な何かがあるはずだから。