出会いで最も大切なこと、それは巡り合わせ

つながり

ご縁という言葉がある。

これは人と人との巡り合わせの大切さを適切に表現した、とても便利な言葉だと思う。

ご縁があれば何があろうとご縁がある。ところが、ご縁がなければ、何をどう頑張っても、その人と人生がつながることはない。

この意味で、結局のところ、ご縁があるかないかは、完全に巡り合わせの問題である。

スポンサーリンク

巡り合わせが悪いということ

例えば、今あなたに気になる人がいる。そして、その人に熱い想いを寄せて、なんとしても付き合いたいと思っている。

ところが、相手は「今は恋人はいらない」という状態にいる。

この場合、いくらあなたが努力しようと。どれだけその人を心に想っても。結局全ては無駄になる。

これが巡り合わせが悪いということで、この場合の最善の道は、ご縁がなかったことを自覚しつつ、気持ちを切り替えて次に向かうことである。

「縁があれば」の真実

逆に、ご縁があって巡り合わせも良い場合。

何もかもが面白いくらいにスムーズに進んでいく。2人の間の距離を縮めていくのに、何の障害も現れない。

ご縁がある相手とは自然に関係を深めることができるし、逆に、ご縁がない相手、すなわち巡り合わせが悪い相手とは、何をどう頑張っても、最後の結末は決まっている。

だからこそ、出会いにおいて最も大切なことは、巡り合わせである。

そこに自分の気持ちがどうだとかは関係ない。あなたがどれだけその人を想おうが、全く関係ない。

巡り合わせが良くなければ、最初から結末は決まっている。

だから、出会いにおいて誰か特定の一人に執着しないということは、とても大切なことである。

ご縁は努力の範囲外だが

出会いを求める上で大切なのは、「努力さえすれば、理想の人と出会える」と考えないことである。

巡り合わせは完全に、あなたの努力の範囲外にある。それは決して自分で思い通りにできることではない。だからこそ「ご縁」なのだ。

巡り合わせの良い人と出会うためには、まずは、心を開いていろんな人と出会う機会を作ることが大切だ。

なぜなら、ご縁はコントロールできないが、出会いの数は、あなたの行動次第で増やすことができるからである。

最後に

あなたがもし、この世のなかで出会うべき運命の人と出会いたいなら。巡り合わせの良い人を見つけたいなら。

出来ることは確かにある。それは、人と出会うチャンスを作ることだ。

上手くいかないことも多いかもしれない。失敗もするかもしれない。けれど、最終的には、そのなかの一人に、きっと、あなたが心から求めている人が見つかるかもしれない。

なぜなら、ご縁はいつどこで与えられるか分からない。だから出会いの数という努力によって、ご縁をつかむ可能性高めることができる。

そして実際出会ったら大丈夫。ご縁があれば必ずうまくいく。そうなるように、なっているのだから。

あわせて読みたい

巡り合わせが悪いのは出会う必要がない証拠。必要があれば必ず出会うべき人と出会うから

その出会いだけは、絶対に見逃すな。

人との出会いは絶対大切。ただし出会う人には福の神と疫病神がいる話