「特別な人」とはトントン拍子にご縁がつながる話

愛し合う2人

人生、いつどこで、突如ご縁がやって来るかは分からない。

たとえあなたが何気なく日々を送っていたとしても。「今すぐ運命の人と出会いたい!」という意思を持っていなかったとしても。

「そのとき」が来れば、なぜか出会ってしまう。

出会うべき人と、自然な時期に必然的な関係におさまるようになっているのは、まさに運命なのかもしれない。

「特別な人」との出会い

例えば、あなたは日々仕事で忙しく、まるで出会いのことについて心を馳せず、誰かと出会ったり、知り合ったりするための一切の努力をしていなかったとする。

しかし、あなたが出会うべき人と出会うタイミングに差し掛かったら。突如その人は現れる。

それは、仕事の取引先の人であったり、ふと足を運んだ場所で顔を合わす人であったりする。

形はどうであれ、「出会うべきタイミング」で突如、出会い、意識し、次のステップへと自然に進むようになっている。

出会う人とは必ず出会う!

人はそれぞれのベストタイミングで、人生で出会うべき人と出会い、しかるべき関係に落ち着くようになっている。

つまり、人生で本当にご縁のある人とは、自分の意思を持って出会うというより、必然としか言いようがない形で、出会うようになっている。

この意味で、もしあなたが「今すぐ出会いたい!」という気持ちが強いなら。もしかしたら、まだ今は、そのタイミングではないのかもしれない。

なぜなら、本当に大切なご縁は、あなたが特に出会いを強く意識していなくても、努力をしなくても、自然な形で、そのご縁が与えられるからである。

特徴はトントン拍子で進んでいくこと

つながる人とは自然につながる。

物事がトントン拍子に進んでいき、2人の間に何の障害が起こらないようになっているのは、2人がそのタイミングで出会うことを深いところで意図しているからなのかもしれない。

ただ一つ言えるのは、「出会いたい!」と強く思って、日々あれこれあがいているときほど、本当に大切なご縁とは出会えないという、皮肉である。

この意味で出会いに関しては、努力というよりはむしろタイミング。あなたにとって「そのとき」がやって来ることを本当に信じられるかどうか。

そこがすべてなのかもしれない。

「そのとき」は直感が教えてくれる!

常識的に考えて、たとえあなたが暮らしている環境が、出会える要素ゼロだったとしても。

「そのとき」が来たとき、驚くほど自然な形で、それも予想外の形で、出会いへと導かれるようになっている。それは直感という声によって、「そのとき」が来たときが分かる。

だからあなたのすることはただ一つ。「○○をしてみよう」という直感を感じたら。それをするだけでいい。

するとなぜか、あなたが予想していない展開が起こり、出会うべき人と、出会うようになっている。

そしてその人と出会ったとき、あなたは強く確信する。「この人は、他の誰でもない」ということを。

「他の誰とも違う」という感覚

運命の人と出会ったとき、その違いが瞬時に分かる。

なぜならその人は、いわゆるその大勢の人とは違う、「特別な感覚」を感じるからである。

その瞳。その声。その存在感。「この人は自分の人生においてその他大勢の人ではない」という強い確信を抱く。それは理屈がどうとか、そういう話ではない。心がただその事実を直感するのである。

そして相手も、あなたのことをあなたが感じているのと同じように、特別な誰かだと認識する。だから、お互い距離が近づくことを、妨げるものは何もないのである。

強く惹かれるけど「その人」ではない人

一方、強く魅力を感じるけれど、近づこうとすれば、なぜか障害が起こりまくる。そして2人がスムーズに関係を築くことが邪魔されているように感じる場合。

その人はもしかしたら、「その人」ではない可能性がある。

本当に人生で出会うべき人とは、極めて自然な形で、それも、強い意図や努力なしでも、トントン拍子で物事がうまくいくからである。

強く惹かれるけれども、問題が起こってしまう。

つまりそれは出会ってから数年後、「失敗してよかった!」と安心できる結果に終わることが多いので、うまくいかなくても、気にしなくていい話である。

最後に

大切なのは、人生では特別な人との邂逅をつかむこと。

つかむというと語弊があるが、「そのとき」が来たときは素直に行動するのが吉、という話である。

人生には、特別な人が存在している。その人と出会ったとき、明らかに他の誰とも違う、特別な感覚を感じている自分自身に気づく。

ただしその出会いは、「今すぐ出会いたい!」と思っても、出会えるようにはなっていない。必要なとき。必要なタイミングで、出会うようになっている。

だから焦らないことである。今できることをして、自分を磨いて、そのときがやって来ることを、信じることが大切である。

「そのとき」が来たときに、自信を持って前へ進んでいけるように。

あわせて読みたい

「運命の人」をずっと待ちわびているあなたへ

「出会いたい」と思ったときに出会ったご縁はやっぱり意味がある

巡り合わせが悪いのは出会う必要がない証拠。必要があれば必ず出会うべき人と出会うから

愛し合う2人
Follow Me