この人は一生をともにする人ではない。そう感じたときは確かに

悩み悲しむ女性

人生出会いあれば別れあり。

今までご縁があった人とも、いよいよ分かれるときがやって来る。そのときが来たら、自分の気持ちがはっきりそう、教えてくれる。

それは決してごまかすことはできない。なぜなら、自分の本当の気持ちは、絶対にウソをつけないからである。

自分の気持ちにウソをつく不幸

一緒にいてもどうもしっくりこない。気持ちが安心できない。心の奥で感じる違和感が拭い去れない。

相手にそれなりの魅力があった場合、私たちは理性でそれを納得しようと、自分にウソをつこうとする。

例えば、この人は良い会社に勤めている。公務員をしているから将来は安定している。一緒に暮らせばお金のことでは困らない。

頭でいろいろ「言い訳」を考えて、関係を続けようとする。

しかし人生の皮肉は、自分の気持ちを軽視して損得で物事を考えると不幸になる、ということである。

つまり、頭で「こうなれば幸せになれるはず」という、損得で選んだことは結果的に間違いで、かえって自分を不幸にしてしまう、という話である。

本当の誠実さとは

この意味で、心は絶対にウソをつかない。

目先の損得より、自分の気持ちがどう感じているか。それが本当の意味で、自分にとっての幸せの羅針盤である。

「この人と一緒にいても幸せではない。一緒にいる必然性を感じない。これから先、未来をともに生きていく人ではない」

そう心が告げたときはそれが正しい。

自分の気持ちにウソをつかずに、正直になることこそがある意味、一番の誠実さである。それは自分だけでなく、相手の人にとっても、である。

自分が

「この人は運命の人ではない」

と感じている場合、それは相手にとっても同じこと。

無理して一緒になることは、お互いの不幸である。

最後に

人生において、人とのご縁は、必要があるからこそ与えられるものである。

逆に言えば、役目を終えたご縁は自然に消滅していく。それは自分の心が終わりをハッキリと感じている。

大切なのは役目が終わったご縁を、素直に手放すことである。

もう既に出会いの役目が終わっているのに、何らかの形で執着してしまうことは、返って人生の妨げとなる。

誰かと出会い、付き合い、そして、

「この人は、人生を一緒に過ごす人ではない」

となったときは、もうそういうことなのだ。

自分の気持ちにウソをつかず、また新しいご縁がやって来ることを待てばいい。

長い人生、本当に一生をともにする人がいるならば、その人とは必ず、出会うことになるのだから。

あわせて読みたい

すべての「さよなら」は本当に出会うべき人と出会うためにある

去ってしまった人は役割を終えた人である

不要な縁に執着しない。それが新しいご縁を引き寄せる秘訣