人生はホドホドでも十分素晴らしい。全てがうまくいく人生ほどつまらないものはないから

人生について考えている女性

私たちは人生において、欲しいものを手に入れ、理想の自分になり、最高のライフスタイルを送ることが幸せだと考えている。

ところが、何もかもうまくいっている人生よりもむしろ、うまくいかないことの方が多い人生の方が、満足度は高くなる。

何を手に入れようと、何を実現しようと、それが日常となり当たり前となってしまえば、そこに価値は感じることができなくなる。

だから、やることなすことうまくいく。お金が腐るほどあって何もかもが手に入る。そんな日常が続いていれば、幸せを感じられない不幸体質まっしぐらである。

スポンサーリンク

「最高」も繰り返せば「普通」になる

あなたがもしそのことを実感したいなら、1つおすすめの方法がある。

まずあなたは20万円を用意して、「料理が美味しい」で有名なホテルを5日間予約する。そしてホテルに滞在し、朝に夜、素晴らしい料理に舌鼓を打てばいい。

初日はまさに、その素晴らしい料理に最高の気分で満足することができる。2日目もまだ、その美味しさに感動できる。

しかし3日目になると、「料理の美味しさ」に慣れてしまって、その喜びや感動が、薄れていることに気づく。

そして4日目になると、もはや当初の感動は薄れ、美味しいは美味しいけれど、それに満足していない自分に気づく。5日目はもう、うんざりしていることだろう。

つまり何が言いたいのかというと、人はどんなことにも慣れる、ということである。

どんなに「最高」を味わっても。それが続けば「当たり前」になり、「最高」ではなくなってしまう。それが人間というものである。

「人生これでいい」と安心できない理由

あなたが人生を最高のものにしたい。素晴らしいものを手に入れて、理想の人生を実現したい。そう心に近い努力する。そして努力が実り、理想の生活を手に入れる。

最初はその素晴らしさに酔いしれることができる。「自分はやったんだ!」と誇りを持つことができる。

しかし。

しばらくすれば、その素晴らしい生活も「当たり前」になる。すると、当初の刺激。喜び。満足度。すべてが色あせていることに気づく。

そして、まだまだ自分の人生が不満足なように思えて、また新しい何かを探しに行く。それは「きりがない」ということに気づくまで、ずっと続くプロセスである。

それに気づかない限り、決して「これでいいんだ」という人生の安心感を手にすることはできない。

常に何かを求めている。何かに追われている。そういう暮らしが、ずっと続く。

幸せは毎日感じない方がいい

これが人間のサガである。どんなに最高の体験をしても。最高の物を手に入れても。それが二度三度続けば、喜びは薄れ、満足感を感じられなくなってしまう。

だから、私たちはお金持ちになって成功し、今よりもっと良い暮らしができても、本当の意味で満足することはできない。

何を手に入れても、何を実現しても、それが当たり前になって、必ず飽きる。この意味で、人生何もかも手に入れることができる生き方は、ある意味不幸である。

それよりも、人生が基本的にうまくいっていなくて、お金がなくて欲しいものを今すぐに買うことができない。時間も不自由で、ゆったり自分の時間さえ確保できない。

そんな不自由な人生の方が、逆説的かもしれないが、大きな満足感。大きな幸福感を得ることができる。

この意味で、人生何もかもうまくいっているよりも、「ほどほど」うまくいくほうが、ある意味ずっと幸せである。

最後に

もしあなたがお金に時間、人生に制限があって、不自由さを感じているなら、むしろ不自由さに気づくチャンスである。

使えるお金が限られている。だからそのお金のなかで買えるものに価値を感じることができる。

自由な時間が限られている。だから、その自由な時間を、より大切に味わうことができる。

そう、人生においてマイナスはマイナスではない。プラスは必ずしもプラスではない。だから、ほどほどうまくいけば、人生はそれでいい。

ただ1つ言えるのは、人生良いことだらけ。何もかもうまくいく。欲しいものは何でも手に入る。すべてが自分の思い通りになる。

そんな人生はつまらない、という話だ。