人生にはいろんなパターンがある。そのなかでも特にツイてるパターンがこれ

遠くを見据えて

人生は長距離マラソン。

最後の最後で「自分の人生はこれで良かった」と納得できれば、途中経過がどうであれ、その人生は成功である。

だからこそ大切なのは、人生長い目で考えること。目の前がどうであれ、その先を見据えていくことが大切だ。

スポンサーリンク

はじめに

人生にはいろんなパターンがあるが、「これは最悪の人生だ」という典型が早咲きの人生である。

人生の前半にいいことが目白押し。20代あたりまでは幸せなことの連続だが、30代以降人生が右肩下がりに下り坂。

人生上昇する見込みが一切見えないまま、年を取り、老後を迎えていく。

だから20代あたりになっても人生挫折が一切ない。

やることなすことうまくいき、「自分の人生は最強にツイてる」という状態の人ほど、注意が必要である。

人生は帳尻が合うようになっている

一方逆に。

人生順調に失敗したり成功したり、山あり谷ありの人生を迎えている人は順調である。

そしてもっとツイてる人が、人生若いときは失敗続き。

やることなすこと不運な人ほど、長い人生トータルで見れば安心できる。年を取れば取るほど、人生が安定していく傾向がある。

なぜなら人生最後には、プラスもマイナスも、すべてのことに帳尻が合うようになっているからだ。

裕福な家庭に生まれて一切の苦労をしないで育った人。容姿や才能に恵まれた「初期条件が良すぎた人」。

彼らが人生の中盤から後半にかけて失速していくのも、それが理由である。

先に苦労を買っておく

この意味で、人生最初の若い内から失敗続き。挫折続きの人はツイてる。

前半戦で大量に苦労を重ねていけば、年を取れば取るほど、人生が上向いていく強運である。

つまり1年1年、運はますます、上向いていく。これは最高にツイてる人生である。

もちろん逆境続きの結果に人格がひねくれて、「自分の人生はもう何をやってもダメである」と自分を見捨ててしまえば全ては台無しだ。

しかし自分の未来はなんとかなること。人生は帳尻が合うこと。そのことを忘ればければ、すべての不運がすべての幸運へとつながっていく。

「遅咲き」という人生の成功者

人生どんな時代でも、最後に勝つのは遅咲きの人である。

その事実を知りたければ、徳川家康やリンカーンなど、歴史の偉人の生き様を知ればいい。

50歳。なかには60歳に入って、人生逆転した遅咲きの成功者の姿が確認できるはずだ。

彼らの人生の前半は、まさに苦難続きである。なかには「どうしてこんなにも不幸続きの人生なのだろう」という人が少なくない。

しかし長い人生、その不幸があったからこそ、実は最後の最後で逆転できる理由があったことに気づく。

だから文字通り、終わりよければすべてよし。失意の果てに人生終了がないだけでも、最高にツイている。

最後に

人生早いうちに成功するのは危険である。良いことばかりが続く人生は不運である。

だからむしろ、若いうちに苦労が重なることは、不運ではなく幸運である。

「どうして自分の人生はこんなにも最低なんだ?」

そう、人生を嘆きたくなったら、ぜひこのことを思い出してほしい。

人生にはパターンがある。そしてどんな人生も、すべてのことは帳尻が合う。

どんな苦難が続こうとも、今さえ耐えて乗り越えていけば、その報いを受けることができる。

だから人生失敗続きでも。不運続きでも。あきらめる必要はない。

人生は、トータルで考えることが大切である。