あなたはあなたの幸せを何よりも優先していい。なぜなら

ニッコリしている美女

自分の幸せさえ何とかできない人は、この世の誰かを幸せにすることはできない。

なぜなら単純に言って、自分自身が幸せではなければ、他の誰かを幸せにするこはできないからだ。

「類は友を呼ぶ」の法則通り、幸せは幸せを呼ぶ。そして、不幸は不幸を呼ぶ。

この意味で、自分の幸せを犠牲にして他人の幸せを優先することは不可能だし、偽善的である。

だからもしあなたが誰かを幸せにしたいのであれば、あなたがするべきことは、まずあなた自身が幸せな人になることである。

類は友を呼ぶ

世の中の不幸は連鎖する。

不幸な生まれの人が不幸な人生を生き、周りに不幸をばらまく。しかし、幸せな人は周りに幸せをもたらし、関わる人を幸せにする。

自己啓発の本等では、

「成功したければ成功している人と付き合いなさい」

「お金持ちになりたければお金持ちと付き合いなさい」

「ツイてる人になりたければツイてる人と付き合いなさい」

ということが主張されているが、同じ理屈である。

すなわち、不幸は不幸を呼ぶ。不幸な人は周りに不幸を呼ぶ。逆に、幸せな人は周りの人に幸せを与える。

類は友を呼ぶ。あなたが誰かを幸せにしたいなら、あなた自身がまず幸せな人生を送る必要がある。

優先すべきことを優先する

だからこそ、自分の幸せを優先するのは人として当然なことである。あなたはあなたの人生において、あなたの幸せを何よりも優先していいのだ。

もちろん、世の中には本音と建前がある。

人々の前で本音を語る必要はない。「自己中心的」な言動はトラブルを呼ぶ。だから必要に応じて建前を使って、上手く本音を隠すことができればそれでいい。

大切なのは、他人を傷つけない範囲において、自分の幸せを最大限に優先していい、ということである。

あなたは他人の犠牲になる必要はない。他人の踏み台になる必要もない。ただ、あなたが優先することを何より優先する権利がある。

そして、あなたが本当に幸せになったとき、あなたは誰かを幸せにする人になることができる。

そして、「持てるものはますます与えられて豊かになる」ということを実感できるだろう。

「あなたのために」が暑苦しい理由

世の中にはびこる偽善のなかで特に有害なのは、「自分さえ我慢すれば周りが幸せになれる」というような、歪んだ自己犠牲の精神である。

実際のところ、「誰かのために」我慢して自分を犠牲にしている人ほど実は、周りの人を不幸にしている。

例えば、「お前たち家族を養うためにオレは必死になって働いているんだ」という親。「君の将来のためを思って言っているんだぞ」と余計な口を出す会社の上司。

実例を上げればきりがないが、彼らの共通するのは、彼ら自身が不満足で、不幸な人生を生きている、ということである。

だから、「自分のためではなく誰かのため」という偽善を通じ、彼ら自身のエゴを満たそうとしている。彼らの言動がいつも重く暑苦しく、恩着せがましいのはそのためである。

彼らがいかに不幸で、自分に自信を持てない生き方をしているか、その実態を知れば、何を優先すべきなのか。そのことがハッキリ分かる。

あなたはあなたの幸せを優先していい

結局人は自分が持っているものしか人に与えることはできない。

あなたが不幸せであるならば、あなたは誰一人、幸せにすることができない。しかし、あなたが幸せであるなら、あなたは誰かを幸せにすることができる。

つまりあなが世の中で誰かに何かを与える人になりたければ、あなた自身がそれを持っている人になる必要がある。

この意味において、何より優先すべきなのは自分自身である。

だからあなたはあなたの幸せを何より優先しても構わない。それが人を傷つけることでなければ、誰もあなたが幸せになるのを邪魔することはできない。

結局それこそが、あなたの周りの人を幸せにする、一番の道なのだから。