結局人の運命は、長い目でみるとなるようになっている

運命の輪

かつて10代~20代の頃、「人生はなんて不平等なんだろう!」と憤慨していた時期があった。

ところが、人生いろいろ経験するうちに、それは間違いであることに気がついた。

というのは、人生に対して前向きで意欲的な人は、人生の途中で様々な困難があったとしても、最終的にはそれ相応の結果を得ることができることに気がついたからだ。

結局人生途中で何があろうと、最終的に人生はきちんと帳尻が合う。最近は、そのことを強く思う。

綺麗事のなかにこそ真実が隠されている

もちろん、人生には運不運がある。短期的に見ると、理不尽なことの連続である。

真面目で誠実な人が、「なぜこんな苦難を味わうのだろうか?」と不思議に思うくらい、理不尽な目に遭うこともあるのも確かだ。

しかし長い目で見れば必ず人生は帳尻が合う。人は自らがまいた種を刈り取ることになる。自らの生き方に相応しい人生を歩むことになる。

この意味で、「人生を変えたい!」と心から思うのであれば、理想の人生を生きようとするのであれば、小手先のテクニックは何一つ、役に立たない。

最終的には、意識の問題となる。だからこそ大切なのは根本から自分を磨くことである。人としていかに生きるべきか、真剣に考えることである。

悪は本当に栄えるのか

世の中を見渡すと一見、「悪が栄えるのが世の常」という印象があるが、最終的には全てはあるべきところに正される。

悪いことをして何かを手に入れた人は、本人以外誰も知らないところで、それ相応の重い代償を支払っているものである。

この意味で世の中は不公平だが、人生は公平である。長い目で見れば、必ずあなたが納得できる答えが見つかるはずだ。

だから今一生懸命生きているにも関わらず不運が続くあなたには絶対このことを知って欲しい。明けない夜が来ることはない、ということを。

最後に

もしあなたの周りに、「人生は不平等だ」と愚痴ってばかりの人がいるとすれば、ぜひその人をじっくり観察して欲しい。

その人が普段どんなことを口にしているか。今までどんな生き方をしてきたのか。どんな考え方を持っているのか。

どんな価値観を持っているのか。そしてどんな人間性の持ち主なのか。

それによってあなたは、あなたの人生をムダにしないための貴重な気づきを得ることができる。つまり人の運命は、長い目でみるとなるようになっている。

人生を変えたいならまず何を変える必要があるのか。それを知ることが、あなたの人生を本当に変えるための第一歩である。