どちらが正しい?人生についての2つの考え方

男女

この世の中はすべて舞台。男も女も皆役者。

W・シェイクスピア

この世界には、様々な人生がある。

ある人は都会に生まれ、都会で暮らす。またある人は、田舎で生まれ、都会で暮らし、田舎で老後を迎える。

人がいれば十人十色。そこには様々な人生がある。問題なのは、自分がどんな人生を送るのか、ということだ。

人生予定説

「人生はこういうものだ」という考え方がある。

ある人たちは「人は自分の生き方を決めてこの世に生まれてくる」と言う(1)。それはつまり、「人の一生はあらかじめ決まっている」という考え方と言える。

彼らの考え方によると、人は、

・どこで生まれるか

・どんな両親を持つか

・どんな人と関わるか

・何の仕事をするか

・何を経験するか

など、人生で起こることを自分で決めて生まれてくると言う。

彼らによると、人の人生の大枠(だいたいのこと)は「生まれたときからある程度決まっている」と言う。

つまり人には大枠の運命があって、それを全うすることこそが人生そのものという考え方だ。

幼児期の環境と生き方

この考え方を補足するのが心理学の理論だ。

心理学の考え方によると、幼少期の体験がその人の人生に決定的な影響を与えると言う。

幼少期における体験がその人の人生の骨格を作り、それが大人になった後の人生を規定していく。

確かに、人は生まれて大人になるまで、ある程度の環境が決められている。親、兄弟、暮らす土地・・・etc。

「三つ子の魂百まで」のことわざのとおり、

・親の教育方針

・家庭環境

・地域の価値観

など、自分ではコントロールできない、様々な要素によって、影響を受けているの事実である。

関連記事:「親」という存在は人生にとって果てしなく重い

人生は自分で創る?

一方で、ある人たちは「人生は自分が作りあげるものだ」と言う(2)。

彼らによると、人は自分が思うように生きることができ、意志によっていろんなことを実現できると言う。

それはつまり、「人は自由な存在であり、その意志や努力によって自らの運命を作れる」という主張だ。

ある思想家は、「人が経験することはすべて、その人自身が引き寄せている」とさえ言いい切る。

つまり人は決して運命の虜囚ではなく、自分自身ですべてを決めることができる存在であるという。

このように、人生についての考え方は様々だ。

「運命」という言葉があるように、人生は生まれたときからあらかじめ決まっているのか。それとも、自分の努力や行動次第で思うようになるのか。

一体どちらが本当なのか?

行動が人生を変えるのか

たとえばあなたが、

「幸せになりたい」

「成功したい」

「人生をよくしたい」

などの前向きな思いを抱き、行動を起こすとする。

例えば、仕事に役立つ資格の勉強をしたり、カウンセリングを受けたり。笑顔で人と接したり・・・。

このような行動の結果、人生が以前よりもよくなったように思えることがあるのも確かだ。

「勉強を続けた結果、収入がアップした」

「いろんなところへ顔を出すようにしたら、新しい人間関係ができて、結婚相手と出会えた」

「頑張って上手くいったら、自信ができて、こころに余裕ができた」

このような結果、変化を得られることも多々ある。

この意味で、人生とは自分の行動によって可変的な要素があるのは間違いない。

もちろん、顔や体、親や兄弟。才能や適正。最初から「付与」されている決定的条件があることも否定できない。

しかしだからといって、それですべてが決まるわけではない。そう考えると人生とは、運命+自分の行動の結果と考えるのが一番自然である。

つまり運命は存在するが、その運命に必ずしも従う必要はない、という話である。

参考文献

(1)飯田史彦『生きがいの創造』、ブライアン・L・ワイス『前世療法』、ジェイムズ・ヒルマン『魂のコード』

(2)ジェームズ・アレン『「原因」と「結果」の法則』、ナポレオン・ヒル『思考は現実化する』、中村天風『君に成功を贈る』

あわせて読みたい

人生が悩みの連続である決定的理由

もしかしたら人生は「こんなはずじゃなかった」の連続かもしれない

今の生活に不満を感じたときが人生を変えるチャンス

男女
Follow Me