人生は必然。なるべくしてなる、ということは

考える

近頃、自分の人生を振り返っていると、つくづく思うことがある。それは、人生は本当に想定外の連続だ、ということだ。

10代20代の頃、筆者は自分はこう在りたい、こうなりたいという目標を持って生きてきた。ところが、ふたを開けてみると、人生は自分が考えていたのとは全然違うものだった。

別にそれは悪い意味ではなくて、仕事もライフスタイル、結婚していないことをのぞけば、概ね満足しているものだ。この意味で、筆者はツイてる人間だと思う。

一方で、住む場所も仕事もライフスタイルも、まったく考えていなかったものとなったことに、不思議さというか、驚きも感じている。

スポンサーリンク

偶然が人生を作る

思えば、100%自分の意志とは関係がない、何かの偶然によって自分の今の人生がある

今の仕事に出会ったのはたまたま。今筆者は北海道の札幌で暮らしている(もともとは愛知県出身だ)が、札幌で暮らすこととなった理由も、偶然の出会いがきっかけだ。

それは自分で意図したわけでなく、偶然のきっかけによって、今の暮らしがある。筆者はただ流れに乗っただけだ。

このことを考えると、もしかしたら、人生は、100%自分の意志によって作られるのではなく、ある程度は決まっているというか、予定された人生があるのではないか、そんな感慨を覚える。

今就いてる仕事も、今蔵している場所も、全ては偶然によって導かれてきたけれど、そうなるのが当然というか、とても自然なもののように感じている。

経験すべきことを経験する

運命論というといろいろ胡散臭いように感じてしまうが、人生を振り返ると、確かに理屈では説明できない何かがあって、なるべくしてなった、そんな人生があるのだと思う。

日々偶然に起こることが、実は意味があって、その偶然を追っていくことによって、しかるべき場所、しかるべき道に導かれていく。

もしかしたらその場所は、期待していた場所とは違う場所なのかもしれない。人はなりたい自分になれないかもしれない。生きたい人生を歩むことができないかもしれない。

でも、結果がどうであれ、今の自分に、今のありのままの人生に、実はそこに大切な意味があるのではないか。必要があるからこそ、経験すべきことを経験しているのではないか。

足元を見つめ直すということ

人生、無理なことは無理で、思い通りにならないことが多すぎる。

どんなに頑張っても、仲良くなれない人とは仲良くなれないし、縁がない環境からはすぐ追い出されてしまう。

でも、それはそれでいいのかもしれない。必要がない、だから縁がない。もしかしたら、それだけのことなのだ。

ということは、今手にしているもの、人生で関係している諸々のこと(仕事とか人間関係とか)は、人生にとって、とても大切なものなのかもしれない。

だから、青い芝生でないものねだりをするより、まずは自分の人生、足元から見つめ、今あるもの、縁あるものを大切にしていく。

それによって、人生が極まっていき、「自分の生き方」が見つかるのではないか。そんなことを感じている。