人生が突然うまくいかなくなった。それは悲報ではなくむしろ

荒波の前で笑顔な女性

人生はあるタイミングで、突如と変化することを要求してくる。

それまで順調だった全ての物事がうまくいかなくなり、「あなたは今のままではいけません」というメッセージを突きつけてくる。

そこで人生をやり直すことになるのだが、大切なのは変化は変化。

既に起こってしまった現実を否定せず、変化のなみに素直に従うのが吉、という話である。

スポンサーリンク

はじめに

人生に逆風が吹き、今までの人生が台無しになってしまう。

それは大変なことには違いないが、その変化は自分がより素晴らしくなるために起こっている。

そして、変化が起こることで私たちはより、本当に自分らしい人生を見つけることができる。

我々日本人は横並び意識が強くて、人と同じ道を進むことに安心感を覚える傾向がある。

しかし幸か不幸か、人生で挫折することによって、人と同じから道を踏み外すことができる。

こうなってしまったらもはや、人と同じ道を進むことは難しいのだが、だからこそ、そこから自分の道を見つけることができる。

自分にとって一番幸せな人生を送ることもできるのである。

「今まで」とは違う人生を受け入れる

世の中は案外、自分が思っている以上に懐が広い。

人生がうまくいかなくなり、目の前が真っ暗になってしまったときでさえ、自分の思い込み。くだらない見栄さえ捨てることができれば。

常に新しい道を見つけることができる。

その道は、自分が期待する待遇で迎えてくれることはないかもしれない。収入や生活レベルも下がるかもしれない。

なにより、「これこそが自分の人生における成功した生き方である」という価値観を、根本から変えていく必要があるかもしれない。

しかしだからこそ、自分を変える意味がある。

「もうその生き方は無理」という証拠

いずれにせよ、人生で一度転んでしまったら、その生き方はもう、続けることができない。

人生をやり直して逆転を目指すなら、「自分の人生はこうあるべき」という思い込みを、思い切って捨ててみる。

そうすれば、案外それが素晴らしいこと。

むしろ、「今までは自分は、何でそんなくだらないことに執着していたのだろう」という、身軽になってリラックスしている自分に、気づくことができる。

災い転じて福となす。人生万事塞翁が馬。最悪の出来事が、最高の出来事へとつながっているのはまさに、真実である。

自分に残された選択肢を見つける

人生で転び、挫折し、やり直すとき。それはすなわち、自分にとっての新天地を見つけるとき。

そこに「自分はもう○歳だから」という言い訳は必要ない。わざわざ人の人生と比べる必要もない。

大切なのは今の自分にどんな選択肢が与えられているか。そのなかで一番心がワクワクする選択肢は何か。

それを見つけることである。

人生をやり直すことはまさに、新しい自分と出会うとき。そのときは必ず、「こちらへ進んでください」というヒントを見つけることができるのである。

心を開いてチャンスをつかむ

そのヒントはもしかしたら、自分が思ったこと、期待したことではないかもしれない。

でも人生をやり直すなら、今までの自分の考え方にこだわるのはもったいない。むしろ全く新しい考え方で人生をやり直す。

その方がむしろ、めでたしめでたしになれる可能性が高い。

虚心坦懐、新しいことに心を開き、先入観を持たず、心を研ぎ澄ませていく。そうすれば、新しい人生があなたを手招きしていることに気づく。

何歳でも道は開ける。そして、新しい人生、より良い人生を始めることができるのである。