幸福論

全般

「不幸は平等に訪れる」本当の意味

「不幸は誰の身にも平等に訪れる」という話の本当の意味。この話を読めば、人生恵まれている人が本当に幸せなのか。新しい見方ができる。
幸福論

自分の気持ちにウソをつく。だから最後は不幸になる

世界中の人を騙すことができたとしても、自分だけは絶対に騙せない。自分の気持ちに正直になり、本当の自分らしく生きていくことが結局は、一番自然で、かつ幸せな生き方だ。
幸福論

幸せの大敵。それこそが「欠乏感」

不幸の本当の原因は欠乏意識。「◯◯が足りないから自分は不幸だ」という思い込み。不幸から抜け出すために大切なのは「今」自分が持っているものの大切さに気づくこと。今の自分がOKであることに気づくこと。
幸福論

不幸の原因は「○○さえあれば幸せになれる」という考え方

お金さえあれば、恋人さえあれば、学歴さえあれば。不幸の原因はそんな「○○さえあれば幸せになれる」という考え方。それらが手に入っても、決して幸せにはなれません。
幸福論

これが上昇志向の罠。満たしても満たされない生き方

したいことを実現し欲しいものを手に入れる。常に「もっと」を求める生き方は私たちを幸せにしてくれるのか。
幸福論

その場所では幸せになれない?幸せに生きるために今いる環境を知っておく

幸せになれない原因は環境そのものにあり?私たちを取り巻く環境と幸福論について。
幸福論

なぜ日本人は不幸になったのか?日本人が幸せを感じにくい理由

日本人が幸せになれないのはこんな理由が?日本人の不幸感が高まっている原因と理由を考察する。
幸福論

みんな幸せなりたい。でもそもそも幸せって何?

お金に名声、人間関係、幸せになるとはどんなことなのか?どうすれば幸せになれるのか?