みんな幸せなりたい。でもそもそも幸せって何?

鏡の前でニッコリ

「幸福=心が満ち足りていること。」
(Wikipediaより)

幸せについてのシンプルな考察。

人生、不幸になるよりは幸せになったほうがいい。では具体的に幸せとは何なのか?どんなものなのか?

このページでは、一つの見方を提供したい。

幸せとは

人はこう言う。

「幸せになりたい」

幸せな家庭、幸せな結婚。幸せという言葉は、人生においてポジティブな意味で使われる。

でも、幸せとは何か、具体的にどのようなものか、どんな状態なのか、それを説明するのはとても難しいものだ。

一般的に幸せは、お金、名声、容姿(美貌)、人間関係、健康が幸せを測るモノサシになると考えられている。これらを持っていることが幸せだと考えられている。

お金をたくさん持つ。異性にモテる。友人がたくさんいるetc・・・。

あればあるほど、持てば持つほど、幸福でよいことだと言われているが、でも、実際はどうなのか?幸せになれるのだろうか?

幸せの基準

何が幸せなのか、そのことを真剣に考えると、答えはますます分からなくなってくる。

幸せはうつろいやすく、絶対的な答えがない。

ある人にとって、お金がたくさんあることは、幸せになるかもしれない。でも、お金で幸せを感じられない人もいるかもしれない。

なぜなら、お金をたくさん持つことでやって来る不幸もあるからである。

そしてその他にも、以前幸せを感じたことが、年齢を重ねるうちにつまらなくなったなど、幸せという気持ちはつかみどころのないもの。

前に「幸せを感じていたこと」が、無価値でつまらなく、空虚なものになってしまうのは、よくあることだ。

関連記事:成功できれば幸せになれる。そう信じているうちは決して

幸せな人生を送るために必要なこと

今の世界は、絶対たる正しさのない時代。昨日の正義が悪になり、今日の不正が明日の模範になりうる時代。

価値観が瞬く間に変化していく世界。正しいものがない、すがるものがない、諸行無常の世界。世の中の基準など、あっという間に変化していく。

だからこそ、周りに流されず、自分にとって何が大切なのか、何が幸せなのか、真剣に考える必要があるのかもしれない。

人は、人から無理矢理押し付けられたことには納得できない存在だ。周りがどう言おうと、自分のこころが満足しなければ決して満たされることはない

幸せの定義

「人生の幸せ=自分の人生を自分なりの方法で過ごせること」

何もないけど幸福な人、こういう男がいる。

彼は30歳をこえて、ようやく素晴らしい恋人と出会い、家庭を築いたが、彼にはたくさんの収入がない。有名企業の社員でもない。学歴もあるわけでもない。

富も名誉も、名声もない。それでも「彼は幸せだ」と言う。その理由を聞くと、彼はこう話してくれた。

「朝、仕事に行くときは、必ず妻がいってらっしゃい、と声をかけてくれる。(収入が)足りない分は私も働くから、と妻が自分の状態をありのまま認めてくれる。それが何より嬉しい」

人と比較されない、ありのままの自分。それを認め、受け入れてくれる人の存在を見つけること、こんな幸せも、確かにそこに在るのだ。

持てども不幸な人

一方で、こんな男の話。

彼は有名大学を卒業し、いわゆる一流企業と呼ばれる会社に就職。親も資産家で、働かなくても生きていけるお金がある。

学生の頃からトヨタの高級車に乗っていて、彼が着ている服は、アルマーニやバーバリーなどブランド品ばかり。

高学歴+高収入の彼はとてもモテる。

自分から女の子に声をかけなくても、自然と女の子が彼の周りに集まってくる。可愛い美女たちと、いつでも楽しみ放題だ。

一人の男としてその話を聞くと、正直とてもうらやましいと思う状態だ。でも彼はいつも不機嫌で、不満を口にする。

「仕事のプレッシャーで、夜はお酒がないと眠れない。自分の時間がとれない。寄ってくる女も、お金目当てなのが分かって嫌だ・・・」

はたからみて「うらやましい、あれば幸せだろうな」と思うことでも、本人にとっては全然幸せでないこともある。

幸せに絶対はない。自分が幸せを感じられなければ、何を手にしても、結局幸せは見つからないのだ。

関連記事:幸せの大敵。それが欠乏感

幸せは見つけられる。自分が気づきさえすれば

この意味で、幸せは自分自身で感じるものであり、見出すものである。

幸せがそこにあったとしても、自分がそれを見つけられなければ。感じることがなければ。そこにないのと同じである。

この意味で、今人生がうまくいっていようとそうでなかろうと。それは幸せとは関係がない。

だから大切なのは自分自身で幸せを探す習慣を持つことである。今、良い気持ちになることを、普段から見つけようとする心の習慣を持つことである。

それがあれば日々、どんなときでも幸せの種を見出すことができる。そうすればわざわざ不幸を探して嫌な気持ちになることもない。

すると自然に心も満ち足りる。だから幸せになれるのだ。

あわせて読みたい

幸せなんてかんたんにはなれない。そして幸せになれなくても人生は

困難の多さは不幸の証明ではない。なぜなら幸せは

今の自分に心から満足できないなら、どれだけ待っていても幸せはやってこない

鏡の前でニッコリ
Follow Me