自由な人生とは自分で決められる人生である。

いえーい

10代の頃、漠然と「自由に生きたい」と思っていた。

「自由な人生とは具体的に何なのか?」を分からないまま、「自由」という言葉をひたすらに連呼していた。

しかし自分が自分の責任において人生を歩んでいる今、ハッキリ分かる。自由な人生とは、自分のことを自分で決められる人生である、ということを。

自分のことは自分で決められる!

当たり前の話だが、我々が生きている日本という国は自由な社会である。

すべて国民は、法の下に平等であり、信条や性別、社会的身分、門地によって人生を縛られることなく、自分自身で進む道を決めることができる。

私たちはサラリーマンとして生きることもできるし、税務署に開業届を提出して、ビジネスを始めることができる。

つまり、「こうしたい!」と思ったことを法の下で自由に追求できるのが、我々が生きている日本という環境である。

この意味で人生は完全自分次第。問題なのは、あなたが人生をどう生きたいと思っているか。ただ、その一点である。

きっとよくなる、必ずよくなる

私自身、かつては自分の人生に失望し、どん底の20代を送ったが、「自分の人生はきっと良くなる。いつか良くなる」ただその一点において、人生を信じ続けた。

その結果30歳から人生が変わったが、めでたしめでたしにはほど遠い。これからもいろんなことが起こるだろうが、「途中経過がどうだろうと自分の人生はなんとかなる」と信じている。

そして、自由に生きることを一番の価値を置き、人生を設計している。

なぜなら、私は人から決められる人生より、何もかも、自分で決められる人生を生きたいからである。

自由とはすなわち決定権の有無

朝起きたら何をするか。そもそも何を仕事にするのか。誰と顔を合わせて、誰と顔を合わせないか。

どこに住んでどんな部屋で暮らすか。人からとやかく言われるのではなく、自分自身で選択肢を持ちたいと思った結果、ではどうすれば現実的にそれを実現できるのか?

それを考えて、今の人生を選択した。

その結果、自分で決められること>>>>>自分で決められないことになり、自由の意味を実感する日々を送っている。

そう、自由とは自分で決められることだ、と。

自分で決めるか誰かに決めてもらうか

もちろん、自由を選ぶことは良いことばかりではない。

自分で決めるということは、自分ですべての責任を背負うこと。何があろうと、人のせいにすることはできない。

おまけに、物事によっては自分で決めるより、誰かに決めてもらう方が楽なこともある。

今日どんな仕事をして誰と会って何をするか。どこに住んでどんな暮らしを送るのか。自分ですべてを決めるより、誰かに決めてもらう方が楽といえば楽である。

この意味で、自由を100%礼賛するつもりは、毛頭ない。

最後に

あなたはもしかしたら、「私にはこんな人生しかない」と思い込んでいるかもしれない。

でも実は、あなたが心を開きさえすれば。何より、あなたがあなたの人生を信じるなら。常に新しい人生が開ける可能性がある。

もちろん、「今すぐ」は無理かもしれない。しかし、あなたが本当にそれを求め始めたとき、人生何かが変わりだす。

大切なのは、あなたがあなたの人生を、過小評価し過ぎないことである。なぜなら人生はいつだって変えられる。

あなたが「人生はなんとかなる」と信頼し続ける限り、実際になんとかなるのだから。

あわせて読みたい

「人生に正解はない」と気づくだけでもっと自由に生きることができる

お金から自由になるためには「べき」思考から自由になること

自由に生きることの代償

いえーい
Follow Me