問題のない人生はありえない。その覚悟を決めたときついに道は

メランコリックな表情の女性

生きることは悩むことの連続である。

何かうまくいけば何かがうまくいかなくなる。人生最初から最後まで、いいことだけ。楽しいことだけ。嬉しいことだけ。そんな人生を期待するのは、非現実的すぎる。

しかし、人生は問題が起こるからこそ生きる価値がある。大切なのは覚悟を決めることである。「それは必要だから起こった」と。

その壁は悪ではない

人の本質があらわになるとき。それは目の前に大きな問題が起こったときである。

私たちは、目の前の壁が現れることによって、改めて自分自身と向き合うことになる。そして必要なら、そこから更に成長するための学びを与えられる。

だから忘れてはいけないのは、問題が起こることそれ自体は決して「悪」ではない。むしろ、更に私たちが人間として成長するために必要な、経験なのである。

それは人生の転機

今あなたが何らかの問題や課題を抱えており、人生の壁にぶつかっているということは、あなたが今あなたが人生で転機を迎えていることを意味している。

それは要求している。過去の継続ではなく、新しい始まりを迎えることを。

だから解決策は、大きく分けて2つある。1つは今までのあなた。そしてもう1つは、新しいあなたである。

まずは立ち止まれ

大切なのは、壁=問題→障害と認識するのではなく、あなたの人生が変化していく「過程」であると認識することである。

人生で壁にぶち当たる。その結果、私たちは前へ進むことができず、「立ち止まること」を余儀なくされる。

しかしだからこそ私たちはしっかり考えることができる。これからどうあるべきか。これから何が、必要なのかを。

最後に

人生で問題や困難という「壁」が登場したとき、大切なのは本質を見逃さないことである。

繰り返す。それは悪ではない。不幸でもない。

それはサインである。人生の転機が訪れたサインである。そして、新しい気づきを得て、新しい自分になるための気づきである。

もうそれは目の前にある。だったら乗りこればいい。それは必ず、乗り越えることができるのだから。

追記

あなたが現在、何らかの壁にぶち当たっており、閉塞的な気持ちを打開したいと思っているなら、この7つのことを試す価値がある。

道は開ける。問題が起こる本質を理解し、変化することを拒まないなら、必ず道は開ける。