なぜ人生下り坂のときに頑張ってはいけないのか?

リラックスして瞑想中

長い人生、常に上を向いて上り坂を昇っていくことは不可能である。

望もうと望むまいと、人生には突如、下り坂がやってくる。

何をしてもうまくいかない。頑張っているにも関わらず、どんどん状況は悪くなっていく。それが下り坂である。

では人生の下り坂で、一体どう対処していけばいいのか?心折れず再起するための心構えを述べていく。

スポンサーリンク

はじめに

まず下り坂は人生におけるどうにもならない時期である。

目の前の状況が悪くなっていく。そこで最善を尽くして状況を変えようと努力しても、高い確率で自分の努力の無意味さを実感させられる。

いやむしろ、状況をなんとかしようとあがけばあがくほど、傷は広がり、ますます深手を負ってしまう可能性が高い。

そこで人生下り坂のときに何よりも大切なこと。

それは決して、頑張ろうとしないことである。今すぐ自分の努力で、目の前の状況を良くしようとしないことである。

下り坂は人生の必然

先にネタバレしてしまえば、人生で下り坂がやって来るのは必然である。

なぜなら、その下り坂を経験することそれ自体に、人生において必然的な意味があるからである。

下り坂がやって来て、そこで必要なことを学ぶ。そのために、人生は問答無用で、私達に窮地を経験させるのである。

その結果、今まで築いてきたものを失うこと。大切にしてきた何かを失うこと。生きることの理不尽さを味わうだろう。

それはどうにもならない。どれだけあがこうと、運命の前に、自分の無力さを実感させられるだけである。

自分が自分のためにできるただ1つのこと

ただし、1つだけできることがある。傷を最小限に抑えることがある。

それは、人生下り坂に入ったことに気づいた段階で、それをなんとしようとする努力を放棄することである。

どうにもならない状況をどうにかしようと頑張らないことである。

そして、流れが変わるまで自分からは積極的に動こうとせず、できる限りの現状を維持を心がけることである。

仕事がうまくいかなくなってしまい窮地に陥ったら、今すぐ結果を出そうと新しい努力を始めない。

去っていく人がいれば、無理に引き止めすがらない。

ただ目の前の現実を受け入れて、心だけは折れないよう、自分で自分を励ましていく。そして時を待ち、ただじっと、耐える。

下り坂で頑張るのはむしろ逆効果

逆に一番まずいのが、下り坂を上り坂に変えようとアクセルを踏み、努力して自分を追い込むことである。

この場合はまさに、状況が逆転するよりもむしろ、最悪の結果になる可能性が高い。

やることなすこと裏目に出て、さらに自分で自分の首をしめるようになるだけである。

人生下り坂のときは面白いほど、やることなすことうまくいかない。

まるで、疫病神に取り憑かれてしまったかのように、結果は自分の意思とは逆の方向になってしまうのである。

だから、

努力してもうまくいかない→ますます状況が悪くなる→自分の無力さを実感させられる→心が折れる→再起不能になる

という、最悪の悪循環に突入する。

再起のときをじっと待つ

しかし、自分が今下り坂であることを冷静に受け止める。そして、この状況を自力でなんとかしようとあがかない。

するとどうなるか。

現状維持で頑張らない→頑張らないから無理しない→「今は下り坂なんだから」と心に余裕が出て心が折れない→やがて状況が良くなる→再起できる

というように、時を待って、再上昇の機会をつかむことができる。

人生、辛いことは不運は避けられない。しかし、下り坂が終わったらいつかまた、上り坂がやって来る。

そのときすべて、今までの不運をチャラにできるチャンスがやって来る。もし人生で本当に頑張るときがあるならば、まさにこのとき。

上向いているときほど、必死で頑張ればいい。頑張れば頑張るほどうまくいくので、自分に自信が持てるし、やる気も出る。

一方、人生が下向いているときに頑張ってもやることなすことうまくいかない。それどころか裏目に出て、ますます状況は悪くなってしまう。

そんなことになってしまったら、今後の人生を頑張ろうとする意欲すらなくなってしまう。

それだけは絶対に避けたいことである。

ダメなときはダメでいい

人生良いときも悪いときもある。

良いときは別にいいのだが、問題なのは悪いときである。ここで自分を追い詰めて「どうせ自分はダメなんだ・・・」となってしまわないこと。

もう、悪いときは自分の努力ではどうにもならないこと。それを受け入れて、ただ日々を耐える。現状維持を心がけ、流れが変わるのをじっと待つ。

何より、今すぐ状況を打破しようと、絶対に自分を追い詰めないことである。

頑張ってもどうにもならないときは何をやってもどうにもならないのである。それなら、無理をせず、じっと時を待つ方がいい。

人生、一度流れが変わったら、驚くほど運勢は変わる。今までの下り坂が一体なんだったのかと驚くくらい、状況は変わる。

だからこそ動いてはいけないときは動かないこと。じっとしていることが大切である。

最後に

我々日本人は精神論が好きなので、努力すればどうだとか、自己責任だとか、頑張ることを是とする傾向にある。

が、現実問題、頑張ってもどうにもならないことはどうにもならない。

努力してもどうにもならないときの努力はムダというよりむしろ、有害である。自分のためにならない。

なぜなら、頑張っている自分をますます追い詰め、取り返しがつかない事態を招く可能性だってあるのである。

だから、

1・最近何をしても失敗する

2・頑張れば頑張るほど、目の前の状況が悪くなっていく

3・自分の心もますます凹んで折れそうだ

そんなときはまさに人生の下り坂。

もう、頑張らなくていい。優先すべきは現状維持。心さえ折れなければ、その後の人生、なんとでもなる。

なぜなら人生万事塞翁が馬。下り坂の先には、信じられないくらい素晴らしい未来が待っているかもしれない。

だから頑張る必要などない。ただ今は、じっと待つのだ。