未来はきっと良くなると信じる。たとえ人生最悪の状況だったとしても

光りに包まれる少女

人生は山あり谷あり。

人生が思い通りになり何をやってもうまくいく。幸せなことしか起こらず、すべてが自分の思い通りになる。そんな人生はあり得ない。

何かがうまくいきだしたら、次は何かがダメになり、上がって下がって、進んでいくのが人生の基本的仕様である。

人生で自分が試されるとき

とはいえ、人生うまくいかないとき。物事が思い通りにならないときは辛い。別に、どうでもいいことがどうでもいい結果になるなら別に不幸は感じない。

問題なのは、別に人生なまけているわけでもない。日々できることをして、自分なりに最善を尽くし、毎日を生きている。

にも関わらず、やることなすこと失敗続き。いくら頑張ってもますます状況は悪化していく。まるで霧の中にいるように、先が見えずに、自分がどこへ向かっているのかさえ分からない。

そういう状況はただただ辛い。もし人生で本当に自分が試されるときがあるとすれば、まさにこのときである。

かすかな希望さえ見えないときだからこそ

頑張ってもうまくいかない。状況はどんどん悪くなっていくように思える。

こういうとき、本当に自分自身を信じることは相当の困難が伴う。なぜなら、目の前に人生が良くなっている証拠は何一つない。

むしろ、人生はますます悪い方向へ進んでいるように見える。その証拠は簡単に見つけることができる。この状況で「大丈夫、自分の人生はこれからきっと、うまくいく!」と信じることは本当に難しい。

だからこそ、人生から試されている。「本当に自分自身を信じているか?自分の人生を信頼しているか?」と。

人生挽回のチャンスは必ず巡ってくる!

人生における辛い時期を、簡単に乗り越える方法はない。目の前には悪い証拠はたくさん見つかり、人生が好転する証拠はほとんどない。

しかし、本当に自分を信じるなら、何があっても最後まで信じたい。これから先、挽回のチャンスはやって来る。逆転のときがやって来る。そしてそのあと人生は、今よりずっと、良くなっていく。

人生には耐えるときがある。忍耐力を発揮して苦難に耐え、そして、そのさきに待っている希望を信じる。流れが変わればすべて報われる。本当に自分を信じることができるなら苦難を耐える価値は、十分にある。

逆境は乗り越えられるようになっている

人生うまくいっているときは何もかもが順調だ。順調なときに、自分を信じるのはたやすい。今人生がうまくいっているのだから、自分を信じれて当然である。

しかし問題は、人生が何をやってもうまくいかないとき。頑張っても頑張っても先が見えず、暗闇から抜け出せないとき。このときいかに、自分の心に希望の光を灯し続けることができるかどうか。それが、運命を決める。

自分の未来を信じることは容易ではない。人生どうにもならないときはどうにもならないかもしれない。しかしいつか、流れは必ず変る。耐え抜けばまた、新しい日がやって来る。それだけは確かである。

最後に

自分を信じて逆境を耐え抜く。これは本当に辛いことだし、楽なことではない。

だからこそ、今どれだけ現実が最悪だったとしても。何もかも失敗続きで、人生に嫌気が指しているとしても。

「なんとかなる。良いときはやって来る!」と自分自身に言い聞かせたい。心は折れかかってもいい。ただ粘り強く生き抜いて、1日1日を耐え抜いていく。

いつ希望の光が差し込むかは分からない。いつ人生挽回できるかは分からない。未来をあきらめてしまわなければ、いつか逆境を乗り越えられる。

だから安心していい。逆境を乗り越えた先は最高に素晴らしい瞬間が待っている。なぜなら最悪の次は最高へ向かって進んでいける。人生はそういう仕組になっているのだから。

あわせて読みたい

ピンチのときの選択でその後の未来が決まる話

いつか必ず光は差す。明けない夜はないのだから

「もう自分はダメだ・・・」と思ったら繰り返し読みたい言葉