関わると不幸になる「要注意人物」の特徴

凛々しい表情の美女

ある心理学者によると、人生の悩みの9割は人間関係によってもたらされるという。

人生の悩みの9割が人間関係かどうかはわからないが、たしかに、幸せなことも不幸なことも、人間関係が原因になることは確かだ。

なぜなら、世の中にはいろんな人がいる。良いもいるが、なかにはとんでもない人もいる。一緒にいると不愉快になるだけならまだマシ。関わるだけで実害をもたらす人だっている。

この意味で、人間関係においては、理想主義よりも現実主義を貫く方が、確実に不幸にならない可能性が高いことは確かである。

ということで大切になるのが、人間関係において誰と付き合ってはいけないか、そして誰と関わってはいけないかという、現実的な視点である。

人を不幸にする人は決まっている

人は人によって幸せになり、そして人によって不幸になる。

幸せの形はいろいろあって、一概にどんな人と一緒にいれば幸せになれるか?その特徴を具体的に特定することはできない。

しかし、不幸の形は全国共通。「この人と一緒にいれば不愉快な気持ちにさせられ、不幸になり、実害を被る」というパターンは、全国、いや世界。皆全く同じである。

この意味で大切なのは誰と付き合うべきかではない。むしろ、誰と付き合ってはいけないのか。誰と距離を置いた方がいいのか?それを知る方が実生活においての有益度は果てしなく高い。

世の中に出れば様々な人と出会う。そして、出会う人すべてが良い人ばかりとは限らない現実がある以上、人と関わる上での最低限の対策は必須である。

すなわち、「この人といると嫌な気持ちになる」というような人とは距離を置く。「この人はヤバイぞ」と感じたら逃げる。

最低限、それだけを人生で徹底していれば、人間関係において実害を被るリスクを極力抑えることができるだろう。

関連記事:自分のためになる人ためにならない人

「ヤバい人」は直感が教えてくれる

誰と関わってはいけないかを考える上で大切なのは、「人は絶対に変わらない」ことを前提に人物を見ることである。

人の悪口を言う人。人が傷つくのを見て喜ぶ人。そういう人はもうそう人で、この先人間性が変わることはない。だから、接して不安な気持ちになる人。嫌な気持ちにさせられる人。危険を感じる人。

そういう人はまさにそういう人。自分の本能が「この人とは距離を置きなさい」と教えてくれている。そのサインに素直に従うことが大切である。

プライベートはもちろん仕事などでどうしても危険人物と関わらなければいけない場合は、必要最低限の関わり以外持たないようにすることを徹底する。

その点、距離感を保つことが上手な人は、普段からその人が存在しないかのように動いたり、視界にいれないようにしたりと徹底している。

何にせよ大切なのは、「この人はヤバイぞ」と感じたら、必要な距離を置くことである。距離を置くことは安全性を確保するための必要な処置である。

私たちは自分を変えることはできるが、他人を変えることはできない。その現実がある以上、自分の幸せを守るために、自分の対応を変えるのが、最も適切な方法である。

少なくとも、「誰とでも分かりあえる」という綺麗事を信じ、人間関係で不幸になるよりは、ずっと健全である。

まとめると

以上のことをまとめると、人間関係で不幸にならないために知っておきたい要注意人物の特徴は、次のとおりである。

1・人が嫌がることを平気でする人。

2・人を傷つけることに無神経な人。

3・あなたが一緒にいて不愉快な気持ちになる人。

4・関わると実害を被る人。

5・直感が「この人はやばい」と告げている人。

これらの特徴に当てはまる人は、まさに、人を不幸にする人である。関わりを考えるなら、ぜひ、自分のための最善の手段を講じたい。

最後に

人生の悩みは人間関係の悩み。

関わる人は実害がない人。すなわち、人を無意味に傷つけず、足を引っ張らず、反社会的な行動をせず、安心して付き合っていける人であることに越したことはない。

想像してみてほしい。あなたが毎日接しなければいけない人がいて、その人は毎日あなたの心を傷つける暴言を連発する。ときに暴力をふるい、周りにあなたの悪評を吹き込む。

あなたのことを一切認めず、あなたの悪いところだけを指摘してダメ出しを連呼し、常にあなたを嫌な気持ちにさせる。

そんな人が365日近くにいるならば、お金があっても、幸せなことがたくさんあっても、あなたが日々不幸を実感しながら過ごせることをお約束する。

逆に、周りにあなたを幸せにする人がいなかったとしても、実害をもたらす人さえいなければ、人生はそこそこ幸せに生きていける。つまり周りの人間関係はとても重要である。

だからこそ、誰と付き合えば不幸にならないか?安全安心か?それだけは神経質なくらい注意しても良い。ここでこっそり、伝えたい話である。

あわせて読みたい

この人と関わるべきか距離を置くか。それを見抜くのがこの一言

関わる必要がない人とは無理に関わる必要はない

性格は顔で分かる。特にヤバい人相の特徴3つ