結局人生は全て途中経過。この意味で本当の成功とは

金色に輝く空

「成功」とはプロセスとして、そのときの一つの結果にすぎない。

「成功」かどうかは自分の死の瞬間に自分で決めるものだ。それまでは全部途中経過だ。

貧しくても惨めに見えてもいい。自分が最期の瞬間、微かにでも笑えるならその人の人生は「成功」なのだ。

見城徹

自分の人生が「成功」したのか、それとも「失敗」したのか。それは最期の最期にならないと、絶対に分からない。

なぜなら人生一寸先は闇。今「成功」していても、その成功が明日も続かどうかは、誰にも分からないからだ。

たとえばあなたは想像できるだろうか?

今とてつもなく人生が成功している。人にもお金にも恵まれていて幸せの絶頂になる。しかしその次の瞬間、すべてを失い、どん底へと転落していく未来があることを。

実際、人生にはこんな大どんでん返しが何度もやって来る。

これは逆に考えると、今最悪最低の不幸であっても、「逆転」するチャンスがやって来ることを意味する。

だから、「成功」とか「失敗」とか、そんなことを考える意味そのものが、実はあまりない。

つまり生きているうちに起こることはすべて途中経過。もし自分の人生が「成功」なのか、それとも「失敗」なのか。

そのけじめをつけたいなら、人生の最期で、その判断をすればいい。

だから生きているうちは「成功」を意識する必要はない。ましてや、失敗を悔やむ必要はない。

結局人生、最期の最期で笑えれば、それでいいのだから。

出典

『読書という荒野』(幻冬舎、2018年)