今日運命に見放されたとしても、明日どうなるかは分からない

未来に希望を持つ男

自分の意志と異なるからといって状況に逆らうだけでは、一向に前進しない。

人生には、どうしても抗いがたい運命というべきことがある。ならば、「これもご縁」と前向きに考えたほうが、よほど身のためになるのだ。

渡部昇一

人生は何が起こるか分からない。

いくら、前向きに努力し、より良く生きるために努力していても、人生がうまくいくかどうかは別の話である。

進みたい道があるにも関わらず、流れに流されて、自分が願った場所とは全然場所で生きることになる。

人生にはそんな「理不尽さ」があるのだが、問題はそのときだ。

今や夢や希望は破れ、自分が思った場所とは全然違う場所に立っている。

このときに、「もう自分の人生は終わりだ」と考えるか。それとも、「この場所に自分がいるのも、きっと何かのご縁かもしれない」と考えるか。

たとえ同じ状況だったとしても、考え方さえ変えることができれば、その後の展開は全然違ってくる。

この意味で大切なのは、人生で何が起こっても完全に絶望してはいけない、ということだ。

人生の配慮は奥深い。幸運だと思っていたことが不運の始まりであり、そして、不運だと思っていたことが、幸運の始まりになることだってある。

だから、今自分が歩んでいる道がかりに不本意であったとしても。自分がいるべき場所にいないように感じたとしても。

今そこにいるということは、何らかの縁があるからなのかもしれない。少なくとも、その場所にいるべき何らかの必然性がある。

そう、人生にムダはなし。自分にとって必要だからそうなった。「これもご縁」と考えることが大切なのだ。

出典

『渡部昇一の思考の方法』(海竜社、2005年)