「偶然」という人生の必然

未来を見つめる女性

「偶然に起きることはないし、偶然に会う人もいない」。まわりで起きていることに、直感を研ぎ澄まして、意識を向けなさい。

大富豪おじいちゃん

よく言われることだが、人生に無駄はない。

どんな出会いも、どんな経験も、それが必要だからこそ、人生で与えられるものである。この意味で、人生には偶然はない。あるのは偶然というカタチを装った必然である。

出会うべくして出会う

例えば人との出会い。

熱烈に愛し合ったのに別れてしまったあの人との出会い。お互い傷つけ合って、「もう二度とこんな経験はしたくない!」とトラウマになってしまったあの経験。

それらは全て偶然ではない。それが起こるからこそ気づくことができる必然的な何かがあったからこそ、人生でそれは起こったのだ。

つまり、あなたの人生において偶然起こることはないし偶然に出会う人もいない。

「この出来事は必然だった。この人と出会ったのは必然だった」

そのことに気づくことができれば、人生は劇的に変わる。

「意味」はやがて分かる

人生で起こることには無駄はない。

そこには必ず、意味がある。その意味は何なのか。そこから何に気づき、どこへ進んでいけばいいのか。その答えが分かるのは、他の誰でもない、あなた自身である。

ぜひ、偶然を偶然と考えず、チャンスを見逃してはいけない。そのチャンスこそがあなたの人生を変える合図である。それがあなたのもとにやってきたのは、それ相応の理由があるのである。

最後に

「もしあのとき○○しなければ」

「あのとき偶然、○○に出会わなければ」

人生にはそんな偶然が幾度となく起こりうる。そしてその中の出来事が私たちの人生を変えてしまう、大きな転機になる。

だから意識しておくべきことはただ一つ、ただ一つだけである。その偶然は偶然ではない。それは「必然」なのである。

出典

『大富豪からの手紙』