成功を目の前にしてあきらめないための教訓

成功を目指す女性

人生の失敗の多くは、成功にどれほど近づいているかを知らずに、それを目前にしながらあきらめてしまうときに起こるのだ。

アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズ

あなたには人生のなかでどうしても実現したいことがあるだろうか?成功して、理想の人生を生きたいだろうか?

もし「イエス!」なら、ぜひ覚えておきたい教訓がある。それは、「奇跡が起こる前には不吉なことが起こる」という教訓だ。

それはどういうことなのかというと、こういうことだ。

あなたが成功を目指して前進している。そして、あと一歩、あなたは成功をつかむ目前にまで到達する。

するとそこで、「それはマジですか?」と驚愕してしまうような、ピンチや不幸が突如としてやって来る。

それによって、順調に行っていたこと何もかもが上手くいかなくなってしまい、「もう、ダメかもしれない・・・」と心が折れそうになってしまう。

ここで多くの人は前へ進むのをやめてしまう。そして、挫折してしまう。これこそが、人生のワナである。

実のところ、「もう、無理かもしれない・・・」と追い詰められるほど不吉な状態になってしまったときこそが、実は成功の直前。

このピンチを乗り越えたあとにこそ、「めでたしめでたし」が待っている。

しかし、「奇跡が起こる前には不吉なことが起こる」という教訓を知らないと、ほんとうに惜しいことだが、「ゴールの直前」でリタイアする羽目になってしまう。

それは本当にもったいないことだ。だからこそ、この教訓はぜひ覚えておいて損はない。

あなたは目標に向かって前進している。そして、あとちょっとのところで実現の可能性が見えてきた。

そこから、あなたの本当の意志の強さ、気持ちの強さが試されるときがやって来る。そこからいろんな大変なことがやって来るかもしれない。

そして、「やっぱり自分には無理なのか・・・」と心が折れそうになる瞬間がやって来るかもしれない。

そのときはぜひ、「奇跡の前には不吉なことが起こる」ということを思い出して欲しい。

ピンチがやって来たならゴールは目前だ。そこまで来たのなら、最後まで走り抜こう。そう、あなたの成功は目前なのだ。

出典

『自動的に夢がかなっていくブレイン・プログラミング』(サンマーク出版、2017年)