恋愛は一方通行では成り立たない。その気があれば向こうから連絡が来る

悲しみの女性

男女が出会い、関係を築く。

その中で、特に幸せなのは、お互いの気持ちの総量が同じくらいのカップルだ。

どちらか一方の気持ちが強くて、どちらか一方の気持ちが弱い。そんな関係は必ずどちらかが不満を持ち出し、お互いのバランスが成り立たなくなる。

逆に、こちらからだけでなく向こうからも連絡が来る。強すぎず弱すぎず、気持ちのバランスが公平な相手との関係は、とても居心地が良い。

無理に気を使いすぎる必要もないし、気持ちの不公平感もない。

だから安心できるし、居心地が良い。多少刺激は不足するが、でもそれくらいの方が長く続けられる、「本当の関係」なのかもしれない。

一方通行の関係は居心地が悪くてつまらない

逆に、連絡はいつもこちらから。向こうからは全く連絡してこない。

こんな、気持ちが一方通行に感じられる関係は、正直なところ、どうにも居心地が良くない。

そして、相手が自分のことをどう思っているのか、この相手とつながる努力をし続ける価値があるのか、相手のことを心から信頼できるか、目に見える証拠が欲しくなってしまう。

こうなってしまうと、先行きはかなり不安である。

関係はどこかで必ず崩れてくる。心の底に不公平感があるから、安心できないし、気持ちを落ち着けることができない。

関係が続けばそのうちどこかで無理が出てきて、やがて疲れ果てて、関係がギクシャクしてしまうのが関の山。

最終的に良好な「さよなら」は不可能で、後味が悪い恋愛に終わるのがお約束。だから結局男女関係は自分だけの気持ちではどうにもならい。

相手の気持ち次第で、一人だけでは味わえない心の満足を味わうことができる一方、最悪に不幸な気持ちを味わうこともできる。

なぜ相手に求めすぎるとうまくいかなくなるのか

「自分も相手のことが好きだけど、相手も同じように自分のことが好き」

できればそれくらいの気持ちのバランスが理想的。

ところが現実問題、そうなるのはレアケース。大抵はどちらが強く相手を思っていて、相手に自分と同じくらいの気持ちを求め出すと、関係は上手くいかなくなる。

とくに、

「自分からだけでなく向こうからも連絡がほしい」

「もっと会える時間がほしい」

こんな相手への「要望」が出てきたらまずい。

それは気持ちのバランスが崩れている決定的証拠である。気持ちの一方通行が始まってきた証拠である。

このような不公平感を抱え出したら、そこから何かが崩れていく。相手もそのことに気づき、居心地の悪さを感じ始めるだろう。そして、そこから距離が生まれてくる。

これだから、男女の恋愛関係は難しい。

最終的には相性が全て

結局のところ、誰かを好きになろうと、どれだけ一緒にいる時間が長くなろうとも、相手と自分を同一化してしまうのはマズイ話だ。

もともとは生まれも育ちも違う別々の人間。

当然考え方も感じ方も、何もかもが違う。何もかもが違う2人が一緒にうまくやっていこうとするならば、一方通行の関係ではうまくいかないのは当然だ。

だからある程度は、お互いに気持ちが向き合ってこそ、その関係は上手くいく。しかし、そこで「もっと」を求めるのは破綻の始まりである。

もちろん、最低限の気持ちは求めていい。気持ちが一方通行にならない程度、求めるものは求めていい。

だけれども何事もホドホドのバランスがある。

相手に負担を与えない範囲で、そしてあなた自身が不公平感を感じない範囲で付き合っていける。そんな関係が安心できる。

しかし、どちらかが一方的に不満を感じるなら。気持ちに不公平感を感じるなら。遅かれ早かれ、その人とはうまくいかなくなるだろう。

男女の関係はそういうもの。そのときは改めて、一方通行にならない相手を見つければいい。最終的には「相性」の問題なのだから。