人間関係が楽に「分かってくれる」を「あきらめる」すすめ

2人のロシアン美女

人間関係で失望しないための大切な原則。

それは、「分かってくれるはず」という他者への期待を全面的にあきらめることである。

なぜか。あなたはあなた。そして人は人。そもそも、最初から見えている景色が全然違うからである。

人間関係は「分かってくれない」が大前提

現実的な話、人が分かり合う努力が必要なのは、分かり合う努力をしない限り、分かり合うことができないからである。

なぜなら、あなたはあなた。人は人。同じ景色を見ていたとしても、見えている景色は全然違う。

つまり、あなたが世界を見ているように、他の人があなたと同じように世界を見ていることはないのである。

だから、同じような出来事が起こったとしても。人によって反応が全然違うのである。

この意味で、「私のことは分かってもらって当然だ」という甘えを持つことは、この世の中で失望するための、最も簡単な方法である。

分かって欲しいならその努力をする!

あなたはあなた、人は人。見えている景色は全く違う。

だからこそこの世を少しでも快適に生きようと心がけるなら。「私はこう考えています」という自分の文脈を、適切に理解してもらうための試みが必要である。

逆に、「あの人はきっと、私のことを理解してくれている」と無条件で信じることは、根拠のない希望を持つのに等しい。近い将来、「分かってくれなかった」現実を目の当たりにするだけである。

しかし、「分かってくれるはず」という幻想を捨て去って、「分かってくれない」という地点から人間関係を始めれば。無理なく人間関係を築いていくことができる。

この意味で、最初から「分かってくれる」期待を「あきらめる」ことは、良質の人間関係を築く最高のスタート地点である。

「重い人」にならない心得

冷静に考えてみれば、「あなたは私のことを理解してくれている」と一方的に期待されるのは本当に重い。

世の中の現実として、血のつながった親と子や、生まれ育った兄弟姉妹ですら、お互いを「分かりあえず」に不毛な争いを繰り広げる現実がある中で。

生まれも育ちも違う人同士が無条件で分かり合うことは、そもそもが不可能である。

だから「分かってくれるはず」と一方的に期待していれば、現実から突如、痛恨の一撃を喰らう。

しかし良い意味で現実的になり、最初から「自分のことは分かってもらえていない」と認識していれば。分かってもらうための努力を始めることができる。

最後に

思えば、それぞれの人生を生きている人様に、何の努力もせずに「私のことは当然、分かってくれていますよね?」と一方的に希望することはとても失礼なことである。

なぜなら人は人、それぞれの人生がある。考え方。価値観も違う。なのに自分のことを何の努力もせずに分かってもらえると期待するのは、そもそもがお門違いである。

早い段階でこの事実に気づけた人は今後の人間関係で、大きな収穫を得ることができる。そして、突然後ろから頭を殴られるような不意打ちを喰らうこともない。

人間関係で不要な摩擦を避けたいなら。「分かってくれるはず」は厳禁である。「分かってくれていない」がそもそもの大前提である。

最初からその期待をあきらめることで、人間関係はもっと楽になるだろう。

あわせて読みたい

お金でつながった人間関係を信頼してはいけない理由

最終的に”いい人”が誰からも信頼されない理由

「裏切り」は常に身近な者が企てる。

2人のロシアン美女
Follow Me