出会いは必ずやって来る。ただし出会っただけでは

スポンサーリンク

ボーイミーツガール

出会いさえありさえすれば恋愛が成就するのではありません。

出会いを「縁」にまで高めることができれば、出会いは偶然以上のものになります。

岸見一郎

人生において人は出会うべく人と出会う。

世の中ではそれをご縁とか、運命の人と言うが、ここで忘れてはいけないのが、出会い即ご縁になることはない、ということである。

せっかく出会いがあったのにそれを受け身でムダにする。するとそのご縁は無縁に終わる。

だからこそ大切なのは出会いをムダにしないこと。出会いをご縁に変えていくことである。

スポンサーリンク

与えられた出会いをムダにしない考え方

気になる人と出会ったら、自分から視線を向ける。笑みを浮かべ、声をかける。そんな些細穴な行動でも構わない。

つまりは自分から出会いをご縁に近づけていく。

この姿勢こそがまさに、人生で出会うべき人と出会うこと。すなわち運命の人と出会うために必要なことである。

そう、出会いを待っているのは構わない。出会うべき人とは、人生の出会うべきタイミングにおいて、必ず出会いが与えられる。

だからこそ、そのときがやって来たら、ただ待っていてはいけない。自分がすべきことをして、出会いをご縁に変えていく。それが大切なのだ。

出会いを縁にするために

与えられた出会いを大切にする。

そうすれば運命の人は絶対に逃げない。お互いがお互いに、必要な学びを得るために、必要な関係を作ることができるだろう。

なぜなら人との出会いは目に見えないが重層的につながっていて、思わぬところで、出会いが連鎖していくからだ。

「この人は自分に必要じゃない」

「好きじゃない」

そういう感覚的な理由で与えられた出会いをスルーしてしまえば。

その先にあるかもしれない本当に大切な出会いを、見逃してしまうだろう。

最後に

人生において無意味な出会いはない。正確に言えば必要性。必然性が会ったからこそ、その出会いは用意されている。

その機会を正しく生かし、ムダにしないことによって、出会いを偶然以上のものにすることができる。

今日あなたは、誰かと出会う。あなたがその出会いを無下にしなければ、あなたはその出会いを、「縁」にまで高めることができる。

それこそが一番、大切なことなのだ。

出典

『愛とためらいの哲学』(PHP新書、2018年)

あわせて読みたい

せっかくの出会いをムダにする人 ムダにしない人

運命の人とはやがて出会う。目の前の出会いをムダにしなければ

人との出会いは絶対大切。ただし出会う人には福の神と疫病神がいる話