素直に「好き」と言えない心理

たそがれ美女

人が真に愛情を示したいとするときは、人はもっとも屈折した表現を選ぶ。

太田登

好きだからこそ正直になれない。自分を見せられない。側にいて欲しいのに、嫌われるような行動をしてしまう。

人の気持ちは行動や態度だけでは測れない。人の行動はそもそもが不合理なものだ。

こころから思うからこそ、ネジ曲がった表現でしか愛を伝えられないヒトがいる。皮肉にもそれが彼を孤独にする。

スポンサーリンク

言葉より信頼できるもの

ただ、言葉で伝える愛ほどあてにならないものはない。それは耳心地はいいが、かんたんに信頼することができない。

なぜなら言葉は容易に嘘をつくからだ。この意味で結局、本当の愛情を測るには、その人の行動を見るのが確実だ。

行動はその人の考えていることの結果。結果には原因がある。だから、口から出る表現よりも、行動を見た方が、真実に近づくことができる。

この意味で、好きという言葉は愛情の証明にはならないという点、まだ、救いがある。

本当の気持ちは言葉では伝わらない

実際、世の中には正直に自分の気持ちを表現できない、複雑な人もいる。

そういう人は冷たい人じゃない。ただ不器用なだけだ。関わりにくいその姿からは想像できないほど、素の姿は愛情に満ちている。

すぐに溶けてしまう軽薄な言葉に惑わされず、本当の大きな思いを感じ取る。そんな人に愛される人は、とても幸せな人だ。

もし人生でそんな人に出会えたら。恋ができたら。それだけでその人生は、生きる価値がある素晴らしい体験になるだろう。

最後に

大切なのは思いの強さ。

人生で誰かを愛する機会が与えられたときは、自分にウソをついてはいけない。しかし思いが強ければ強いほど、それを素直に伝えられなくなってしまう。

それでも勇気を持ってほんの少しでも前に進めたら。未来は変わる。きっと変わる。だから勇気を出そう。

最高の愛を、つかむために。

出典

大林宣彦監督作品『はるか、ノスタルジィ』(1993年)

あわせて読みたい

今そこにある真実の愛に気づくための言葉

結婚を焦ったときこそ、この言葉が意味を持つ

人との出会いが人生を変える真実