「今」できることはすぐにやる。できないことは

スポンサーリンク

大空

今できることとできないことを見誤るな!

ダンバン

偉大な仕事を成し遂げたいときはどうすればいいか。

今できることを、淡々とこなしていくこと。これが偉大さへ至る唯一の道だ。

これは小説を書くことをイメージすると分かりやすいかもしれない。

小説は、何百ページにも渡る文章の束だ。毎日コツコツ文字を紡いでいく。それをひたすら繰り返す。

こうすることで、1つの作品が出来上がる。文字通り、「ローマは一日にして成らず」なのだ。

スポンサーリンク

雨垂れは石を穿つ

実力不相応なことをしようとしても、結局は続かない。今できることを続けることでしか、道は開かれない。

奇跡はどこか遠くからもたらされるものではなく、日常の何気ない行動から生まれるものである。

どんな条件であれ、今できることはあるはず。それを続けていく。すると、ある時点で何かが変わる。

それが何かとはハッキリ定義することはできない。

しかし、確実に何かが変わるのだ。しばらくすると、人生の景色が変化し、以前とは違う、新しいものを発見することができる。

そのとき初めて、できることが更に増えていることに気がつくのだ。

王道は「自分ができること」を愚直に続けること

だからどんなことも最初の一歩は小さくていい。

それを最後まで続けることができるならば、自分でも驚くほど素晴らしい結果が待っている。

何かを成すために、人より優れた才能があればそれはそれで素晴らしい。しかし、才能がなかったとしても構わない。

ただ愚直に、自分ができることを続けて、結果が出るまでぜったいにあきらめない。

それさえできれば、自分の人生における最高を実現できる。人生で奇跡を起こすことができる。

だから「ローマは1日にしてならず」。焦らず急がず、自分ができることを、愚直に続けていこう。

最後に

大切なことはいつも今。

今できることを続けていくことで、人生あらゆる面で、道が開けるようになっている。

しかし今目の前のことから逃げ続けている限り、どんな奇跡が起こっても、その先にめでたしめでたしは待っていない。

今から逃げず、自分のやるべきことに真摯に向き合う。そのかわり、今できないことはやる必要はない。

できることだけベストを尽くせば、今はそれでいいのである。

出典

『ゼノブレイド』(任天堂、2010年)

あわせて読みたい

結局人生で成功したければ、行動が全てである。

成功率は行動回数がものを言うのは当然。その上で

行動する勇気があるかないか。たったそれだけのことで