どうせ働くなら楽しい仕事を選ぶ。なぜならその選択が

働く人々

苦心して仕事にはげむのは、たしかに美徳である。

しかし、あまり苦心してあくせくしすぎると、本性を楽しませる心情を喜ばせることがなくなってしまう。

洪自誠

頑張って仕事に励み、苦労を経験するのは確かに大切なのことだ。しかし、苦労ばかり、苦しみばかりではいずれ心が折れてしまう。

この意味で大切なのは、仕事のなかに喜びを見出すことだ。

「楽しい!」

「面白い!」

という感情は間違いなく、人間が持つ感情の中で、最も創造的な力を引き出すパワーになる。

それは仕事だけでなく、人生そのものを幸せにする力を与えてくれる。

結果はもちろん大切。しかしそれ以上に

無骨に仕事に励むだけでは、例え結果が出たとしても、心からその成果を楽しむことはできないだろう。

日本人は我慢や忍耐に美徳を見出すので、自己犠牲的に仕事と向きあいがちだ。

だからこそ、我慢しすぎず、適度に力を緩めることが大切だ。ゆったりと周りを見渡すと、自分がした仕事の姿が見えてくる。

それを見つめて悦に浸るのもいい。

「これだけのことをしたのだ」という達成感を感じられるはずだ。その感情こそ、また新たに仕事に向き合うエネルギーになる。

この意味で仕事は人生で優先度が高い

この力に気づき、仕事を終えて、そこに「楽しかった」という思いを持てる人は長い人生を、幸せに生きることができるだろう。

なぜなら仕事は1日の3分の1。人によっては2分の1。非常に比重が大きいものだからである。

逆に仕事が苦痛なら。楽しさを見出すことができないなら。人生はまさに苦痛になるだろう。

だからこそ仕事は楽しくなるように工夫する。その努力が意味を成さないのであれば。転職を検討した方がいいだろう。

最後に

仕事は楽しいのが一番。苦労を重ねて続けていくというのは、もはや時代錯誤である。

なぜなら世の中にはたくさんの選択肢がある。別に苦痛にまみれる仕事にこだわる必要は、1ミリもない。

せっかくの人生だ。どうせ何かの仕事をするのなら楽しいか。最低限苦痛を感じないかどうか。それくらい、わがままを言っていいのである。

出典

『菜根譚』(岩波文庫、1975年)

あわせて読みたい

仕事はいつでも辞めていい。自分の代わりはいくらでもいるから

【上昇志向】「上」を目指す生き方の良いところ悪いところ

人生は命あってこそ。仕事で命を削る価値はない