人生はそもそも失敗するようになっている話

反撃

思わぬ負けが続いたとき、人はどうしても動揺する。こういうピンチの場合、次に打つ一手が重要になる。

桐山秀樹

人生、思うとおりにいかないとき、予想もしない失敗と逆風が連続して襲ってくるときがある。

こういうときは動揺し、気持ちが落ち着かなくなるのはムリはない。ただ、予想外の逆境のときにこそ、次に「何をするか」が重要だ。

ピンチのときこそ、一度頭を冷やして、これからどうするか、どんな打ち手があるのか、熟考し、行動すべきときだ。

基本的に人生は「想定外」が起こりうる

人生は予想外の連続だ。

失望を味わない人はどこにもいない。成功し、恵まれているように見える人でも、その裏では数多くの失望を味わっている。

失敗を味わっても、成功していく人、人生が上手くいく人はあきらめずできるかぎりの打ち手を打つ。

今自分にどんな選択肢があるか、どんな行動ができるか、ピンチのときですら、冷静に対応を考えている。

大切なのは適応力

思う通りにいかないとき、失敗が続くときは、何もかもが上手くいかないように思えるかもしれない。

だがそういうときだからこそ、「今」自分に何ができるのか。残された手は何なのか。冷静に考えたい。

これこそがまさに、本当の意味での生きる力であり、想定外の人生を生き抜くために必要不可欠なものである。

この意味で、ピンチのときの一手が、自分の運命を決める一手となる。

最後に

人生ネバーギブアップ。

起こることは起こること。覚悟を決めて、冷静に打つ手を打ちたい。できれば自分にとっての会心の一撃を放ちたい。

それが無理だとしても最低限。これ以上状況が悪くならない手を打つことが大切だ。

何もしなければ状況はどんどん悪化していく。それなら、立て直せるところから立て直せばいい。

ただし絶対に焦ってはいけないこと。動揺したまま次の一手を打たないこと。ともかく、冷静さを取り戻すことが大切だ。

出典

『おやじダイエット部の奇跡』(マガジンハウス、2012年)

あわせて読みたい

どんな時代も最強の人。それが「しぶとい人」

何があってもドンと構えてジタバタしない。これがピンチをチャンスに変えるコツ

あなたにピンチがやってくる本当の理由