「もうダメだ」と思ったときこそ、自分を信じてこう考えたい

スポンサーリンク

私にはできる!

何とかなると思えば、何とかなるの。

野上佳代

人生誰しも、最悪のときがある。

やることなすこと上手くいかない。悪いことが続いて人生が詰んでしまった。そういうとき本当に試されるのは、自分の心構え。

つまり自分の覚悟である。

スポンサーリンク

何とかなると思うから本当に何とかなる

「自分はこの苦境を乗り越えることができる」

「今は最悪だが、これからきっとよくなる」

「絶対に、何とかなる」

そんな希望があってこそ、どんな苦難も耐えることができ、そして最終的に逆境を乗り越えることができる。

不思議なことだが、何とかなると思っていれば、実際に何とかなる

目の前の問題が「今すぐ」に消えて解決することはないのだが、自分の中の気持ち、意識が変わることによって、道が拓けていく。

そして気がつけば、文字通り問題は何とかなっていて、苦境を乗り越えている。そのとき改めて人生、何とかなると思えば何とかなることに気がつく。

これが自分で自分を救う方法

苦境を乗り越える過程では無傷でいることは難しいかもしれない。しかしその最悪さえ乗り越えたら、あとのことは屁のようなものだ。

この意味で最大の山場は本当に辛いとき。「もうダメかもしれない」と心が折れそうなとき。最後の最後まで、自分自身を信じたい。

自分が真っ先にあきらめてしまったら、助かる未来も助からない。だからこそあきらめず、「何とかなるさ」と自分に言い聞かせる。

これこそがまさに、人生で本当に辛いとき、自分を救う方法である。

この意味で「何とかなる」は魔法のことば。

目の前が真っ暗になったとき。これは本当にヤバいかもしれないと不安になったとき。「何とかなる」とつぶやいてみる。

1度だけでなく何度も何度も。100回200回。そして1000回。「何とかなる」とつぶやいていれば、そのうち気がつく。

「これはほんとうに、何とかなるかもしれない」と。

出典

映画『母べえ』(松竹映画、2008年)