運命の人とはやがて出会う。今目の前の出会いをムダにしなければ

ご縁

この世には何十回あっても、相手の存在が自らの人生に何の痕跡も与えぬ人がいる。

その一方、たった一回の邂逅が決定的な運命をもたらす相手もいる。

遠藤周作

日々顔をあわせても全く人生に関わってこない人。たった一回会っただけで、運命に致命的な影響を与える人。

人生にはいろんなレベルのご縁があるが、人とのご縁というのは、つくづく不思議なものだと思う。

文字通り人生は、人との出会いで決まってしまうところが確かにあって、その人と出会うか出会わないかで、自分の人生が全く別のものになってしまう。

出会うには出会うなりの理由がある!

個人的に思うのは、人生に影響を与える度合いが強い重要な人との出会いほど、自分の意図を通り越した何かがある、ということだ。

出会おうと思って出会ったのではない。不思議な流れでなぜか自然と出会った。そして、その人と出会ったことによって、人生がそれまでとはガラリと変わることになってしまった

そういう感じがする。

逆に、自分が意図を持って作った出会いほど、それは大した意味を持たなくて、数年もすれば、ご縁がなくなってしまう人が多いように思う。

こちらが意図をしなくても続いていく縁と、意図を持っても消えてしまう縁。人生に大きな痕跡を残す縁と、ほとんど意味を成さない縁。

それを運命と言うのか何というのかは分からないが、だからこそ、人の不思議さに、驚愕せざるをえない。

出会ったご縁をムダにしない

何せよ、人生で出会うべくして出会う人とのご縁には必ず意味がある。

あなたが目の前の出会いに何らかの必然性を感じたならば、その縁を大切にして、流れに任せてみる。

するとそこには何らかの意味。必然性があったことに気づく。

かりにどんな嫌な人であれ。短期間で別れてしまった人であれ。その人と出会うなりの理由が見つかる。

そして、人生で出会う人には出会うなりの理由があることに納得することができる。

この意味で、決して人とのご縁は、良縁であれ悪縁であれ、無意味な出会いは一つもない。大なり小なり、そこには必ず、意味がある。

だから今日も私たちは、どこかで誰かと出会っていく。そしてその出会いをムダにしないこと。

それがやがて、本当に出会うべき運命の出会いにつながっていくのだ。

出典

『生き上手死に上手』(文藝春秋、1994年)