人は自分の内側に抱えた問題や不満を外へと向ける。その結果

だから何ですか?

コンプレックスを持つ人間は必ず、自分の憧れている鏡を引き合いに出します。

『無名の人生』より

人は、自分の「内」にあるコンプレックスや不満や問題を、無意識に「外」へ投影する。

言っている言葉が「それは、あなたのことですね?」と当人に返ってくる「ブーメラン現象」はよくよく知られている現象だが、それが起こるにはきちんとした理由がある。

はじめに

人は、「自分が人から言われたら最も傷つく言葉」で人を攻撃する。

それは、人への攻撃的な言動の本質が、「自分自身のなかにある解消できない問題」を、他者へと投影する行為にあるからである。すなわち、日常的に他者に対して攻撃的な言葉を使う人が不満や否定的な感情を持っていることを意味している。

考え方はシンプルである。あなたが日常で他人から攻撃的・否定的な言葉を投げかけられたとき、実はその言葉はあなたを指してはいない。その言葉は、その言葉を口にした「本人」や「本人が抱えている状況」を示しているのである。

この原理は、望む望まないに関わらず、他者との摩擦を経験せざるを得ないこの人の世を生きていくための、大切な知識である。

それは「あなた」を指す言葉ではない

あなたがマウントを取られようと、どんな言葉を投げかけられようと、その言葉の本当の対象は、実は「あなた」ではない。その言葉を吐き出している、本人それ自体を示している言葉なのである。

人から言われる言葉を完全に気にしないことは不可能かもしれないが、なぜその人があなたにそのような言葉を投げかけたのか?その「理由」がわかれば、状況は少し変わってくる。

不満や苛立ち。自分自身で解消できないものと正面から向き合うとするのではなく、他者にぶつけてしまいがちなのはきっと、私たち人間が持つ、弱さなのだろう。

なぜ弱い犬ほど吠えるのか?

あなたは経験的に、攻撃的(に見える)人ほど実は攻撃されたら弱い人、という真理にもしかしたら気づいているかもしれない。

確か塩野七生さんの言葉だったと思うが、「過激な装いや振る舞いをする人物の本質は小心者である」という言葉がある。それはまさに同じ原理であり、それは「弱い自分」を守るための、心理的な働きである。

本当に力を持つ強い人物ほど他者に対して寛容である。逆に気が小さかったり、物理的な力を持たない人物ほど残虐な行いをする傾向があるのは、決して偶然ではない。弱い犬は自分が弱いからこそ吠えなければいけないのである。

最後に

自分に満足している人は他者をはじめ、あらゆる物事に対して鷹揚である。自分に不満を抱えている人は、やたらと自分以外の人や物、環境、あらゆるものに不満を見出す。

あなたがその対象となったとき、その矛先は一見、あなたに向かっているように見える。だが実のところ、その対象は「あなたでなくてもいい」のである。偶然あなたがその対象になっただけ、実際のところ、相手は誰でもいいのである。

なぜなら、不満の根本的な原因それ自体は、人に矛先を向けるその人自身が抱えている課題だからであって、決してあなたではないのである。

あなたは人の課題を解決することはできない。あなたにできることは、あなた自身の課題を解決することである。自分の課題と人の課題を明確に区別し、「自分の人生」に集中することが大切である。