縁はもたれあい。支え合って存在する

スポンサーリンク

カワイコちゃん

支えあい、もたれあって存在している関係。それが縁の一つの相である。

遠藤周作(作家)

人と出会う。

真剣に考えると、人の出会いというのは本当に不思議だ。

どんなきっかけで出会って、知り合って、仲良くなったのか?この世に生まれて、なぜ自分の周りにいたのか?知り合う場所にいたのか?

そのようなことを考えると、人の出会いには、自分の努力や見通し、知恵の及ばない、何かの力が働いているような気もする。

スポンサーリンク

他人が他人でなくなる意味

知り合うべくして知り合った。縁にはそんな、不思議さがある。

別に出会おうと意図して出会ったわけではない。たまたま、自分の近くにいたから、知り合うことになった。

赤の他人であったのが、何かのきっかけで関係を深め、お互いをよりよく知るようになる。気がつけば、赤の他人ではなくなっていく。

その縁は1年で終わる人もいれば、10年20年、長い間続くこともある。

しかし、縁の長さが問題ではなく、知り合ったこと、縁があったことそれ自体に意味があるように思う。

たとえそれが良縁であれ悪縁であれ、そこには何らかの必然性がある。互いが互いに意味を与えあっている。

そう考えると、縁を大切にする気持ちもわいてくる。

だからご縁を、大切にする。

わたしたちがなぜ巡り合うのかは分からない。

しかしただ言えるのは、出会ったご縁は縁は決して無駄にしてはいけない、ということである。

この世の中で出会った人。

それは出会うべき何らかの必然性があったからこそ出会ったご縁。それを無視すれば、人生で必要な何かを見逃すことになってしまう。

だからご縁を大切にする。

それは綺麗事でも何でもない。人生を真剣に生きるために。学ぶべきことを学ぶために。必要だから、大切にするのである。

出典

『生き上手 死に上手』(文藝春秋、1994年)