人生で出会う特別な人

ご縁

人生では、二通りの人に出逢う。「特別な人」と「それ以外の人」だ。

「特別な人」はあなたの人生に大きな影響を与えてくれる。そして、「特別な人」は人生においてとても少ない。100人のうち1人もいない。

「それ以外の人」はいずれ関係が途切れるだろうな、ということを想定しながら、だらだらと付き合っている。

千田琢哉(作家)

人生では様々な出会いがある。

一生の友、忘れられない心の傷が残ってしまった昔の恋人、人生の生き方を示してくれた師匠。かつては仲良くしていたけど、もう会うことがなくなってしまった人々。

数々の出会いを考えると、出会いとは、本当に不思議なものだなぁと思う。そこには縁というか、理屈では説明できない「何か」がある

普段毎日顔をあわせている、しかし、人生にはまったく影響を与えない人がいる一方で、偶然のきっかけで出会った人が、人生において致命的な影響を与えることがある。

それがある意味、運命というものなのかもしれないが、人生において、たしかに「特別な人」との出会いが存在するのは確かだ。

「特別な人」との出会いは、文字通り、運命を変えてしまう。仕事、生活、人生、何もかも、出会う以前、出会った後とは、人生がまったく違うものになってしまう。

これは本当に不思議なことだ。

ではその「特別な人」とはどうやって出会えるか?

確かなことは分からないのが正直なところだが、一つだけ言えることがある。それは、「特別な人」との出会いはある日突然やってくるということだ。

全く出会いを意識しないとき、本当に突然、やってくる。

それは何の前触れもなく、あまりに予想外のタイミングだ。だから「特別な人」との出会いを普段から意識してもそれは仕方がないことなのかもしれない。

「特別な人」との出会いはいつも必然だ。

だから大切なのは、普段から心を開いて、自然体でいること。自分の人生を生きていくこと。

そうすれば、しかるべきとき、しかるべきタイミングで、それはやってくる。そのときが来れば、ただ前へ進んでいけばいい。

その出会いによって、学ぶべきこと、知るべきことを知ることになるだろう。

出典

『「特別な人」と出逢うために』(廣済堂出版、2013年)