嗚呼人間、この弱きもの

腐敗

人は金と名誉に弱い弱すぎる。そして、不安と恫喝に弱い。弱すぎる。

丸山健二

古今東西、人が求めるものが2つある。それはお金と名誉だ。

どんな権力者も、どんな成功者も、そして、一般の市井の人ですら、富と名誉を求める。なぜかというと、お金と社会的地位が人間の生存本能に関わる、根本的なものだからである。

スポンサーリンク

お金は欲しくて当然の話!

お金があれば、豪邸に住んで、ブランドのものの服を買って、旅行へ行って、したいことは何でもできる。イヤな仕事もしなくていい。毎日が日曜日。

この例はスノッブ的だが、実際にお金があれば不便はしないし、何よりお金がないのは、現実問題、とてもみじめなことだ。

「お金がない」という屈辱を経験したものなら誰でも、お金の大切さ、力を嫌というほど味わう。だから、お金を手に入れるため、手に入れたお金を守るため、どんなこともしてしまう。

お金があれば、餓死することはないし、生きていくことはできるので、生存本能の強い人ほと、お金を求め、そしてお金を失うことへの不安が強い。

この意味で、ある程度の金銭欲を持つことは人として正常であると言える一方、お金を課題に評価して執着し過ぎると、その先にはついに、ダークサイドが待っている。

行き過ぎたお金への欲求が、人としての間違いを犯す原因になってしまう。

問題は自我の肥大化

お金に付随するのが、名誉や地位だ。

お金を持つ人には、なぜかよそから人が集まってきて、お金を持つ人は、誰よりも重要で、大切な存在のように扱われる。

そのとき、まるで自分がまるでこの世界の主人公のように、何でもできるように感じられる。これは、心理学でいうところの、自我意識の肥大化だ。

本当は、チヤホヤする人にはそれなりの理由があるのだが、自我が肥大しているときは、そんなことにさえ、気がつかない。

仮に、あなたのことをチヤホヤする人がいても、それはあなたに心から敬意を示しているわけではなく、何らかの理由で演技しているに過ぎないことを忘れない方がいい。

あなたがお客だから。有名だから。お金を持っているからetc・・・。理由はいろいろあるが、人からチヤホヤされることを快感に感じるようなら、その状態は一種の内的な危機である。

じっと自分の心を見つめてみれば、心のなかに、不安や恐怖といった、ネガティブな感情があるのを見つけることができるだろう。

最後に

お金に執着すること。「自分は偉いんだ!」という名誉に執着すること。それらは生存に関わる本能的な部分なので、多かれ少なかれ、誰しも持っている弱点である。

ただ間違ってはいけないのは、だからお金を追い求めることがダメというわけでもないし、「出世したい!」という気持ちを持つことが間違っているわけでもない。

大切なのは、行き過ぎないことである。

お金は欲しくてそれでいい。人からチヤホヤされてくてもいい。ただ忘れてはいけないのは、お金があろうとなかろうと。人からチヤホヤされようとされまいと。

自分が何者であるかを忘れない。そして、人として正しいことをすればいい。ただそれだけの話である。

出典

『人生なんてくそくらえ』(朝日新聞出版,2012年)

あわせて読みたい

欲は断じて悪ではない。なぜなら欲があるから今よりもっと

性善説と性悪説。大切なのはどちらが正しいというよりもむしろ

「人は見た目で判断できる」真実