巡り逢う理由、それは決して分からないけれど

出会い

なぜめぐり逢うのかを 私たちはなにも知らない

いつめぐり逢うのかを 私たちはいつも知らない

どこにいたの 生きていたの 遠い空の下 ふたつの物語

縦の糸はあなた 横の糸は私

織りなす布は いつか誰かを暖めうるかもしれない

中島みゆき

人生を変える出会いは、ある日突然やってくる。

それは意図してやってくるのではなく、まったく予想外のタイミングで、ある日突如突然やってくる。

その出会いによって人生は、文字通りガラリと変わってしまう。それは本当に恐ろしいくらい、出会いの重要性を教えてくれる出来事だ。

スポンサーリンク

出会う必要があるから出会いがある

ある人と出会う。

そして考え方価値観が変わって、住む場所が変わって、ライフスタイルが変わって、出会う前と以前、人生は全く別のものとなってしまう。

「人生を変えてしまう」

という意味で、その出会いはとても恐ろしい力を持っているが、出会う必要のない人とは出会わないのがこの世の常。

出会うべくして出会ったからには、それなりの理由がある。そこにどんな理由があるにせよ、人生の巡りあわせを信じて、ただ進んでいけばいい。

その出会いが人生に意味をもたらす

人と出会うこと。それはきっと、楽しいことだけではないかもしれない。

いろんなことがあって、ときに後悔もするだろうけど、巡りあうべき糸に出会えるのは僥倖で、幸せなことに違いない。

その出会によってもたらされるもの。変わっていく自分。人生。すべてに意味があって、そこに決して、ムダな出会いはない。

だからこそ、出会いによって糸はつながり布となる。そして、誰かを暖めていくのだ。

出典

中島みゆき「糸」(1998年)