人生に明確な意図と目的を持つ。それによって

遠い彼方を見つめて

人生をどう生きるかは『目標』と『戦略』が何よりも大事です。

何を目指すのか、どのように達成するか。それは理性的に決定できるはずです。

中山敬一

みんなが学校へ行くから学校へ行く。

みんなが会社勤めするからそうする。

多くの人が選ぶ生き方は、それはそれで無難な1つの選択だ。

みんなと同じ道を選ぶことで、安心できるし、大きな失敗を経験することはないかもしれない。

スポンサーリンク

問題なのは人生が

だが、自分の人生は一度切り

重要なのは、本当にその選択が自分が望む選択かどうか、ということだ。

集団のなかで我慢しつつも、安定してやっていける暮らしをしたいのか。不安定でも好きに行動できる生き方を選ぶのか。

周りに流され、人生の黄昏時に後悔をしない生き方は何なのか。

流されないで後悔しない生き方をするためには、目標とそれを実現するための戦略を考えることが重要だ。

それを考えられるのは、自分をおいて他にはいない。

大切なのは後悔しない人生を生きること

目標実現のために何が必要か。

必要な能力は何か。

資格は。お金は。

このようなことを、1つずつ検討していく。頭をつかって、1つずつ考えていく。

この力こそ、人が人たらしめている力であり、人間が持つ可能性なのだ。それによって人は、自分らしい理想の人生を見出すことができる。

人生は一度きり。どうせなら、「これでよかった!」と心から納得できる人生を歩みたい。

出典

『君たちに伝えたい3つのこと』(ダイヤモンド社、2012年)