自分の人生に納得できないのは他人に人生の主導権を明け渡しているからだ

笑う少年

「失敗の多い人生」を送るからストレスが溜まるのではなく、「納得感のない人生」を送るからストレスが溜まるのだ。

千田琢哉

満足できる人生を歩むか不満足な人生を歩むか。

その違いは学歴や収入、モテ度など、外的な要素はあまり関係ない。大切なのは、自分の人生に自分の主導権があるかないか。

ただその一点が、決定的なポイントになる。

スポンサーリンク

人生の主導権を他人に奪われているときの特徴は「やらされてる感」

自分のことを自分で決められる。

納得して受け入れることができる。そんな状態であれば、結果がどうであれ納得できるし、文句はあれど頑張る気になれる。

しかし、自分で何も決められない。

誰かに言うがまま、人生の主体性を奪われてしまうと、「やらされてる感」が半端なく、四六時中ストレスが溜まる。

仕事で自分の思う通りにできない。言われたことをやるだけ。家庭では自分の意見が通らない。自分はいてもいなくても同じ。

これこそ、人生の主体性を奪われている状態だ。

自分で何も決められない人生に満足度を感じるのは難しい。当然、幸せなんて感じることができない。

毎日はまさに、ストレスの連続である。

自分の人生を取り戻すカギ

ではそこから抜け出すためにはどうすればいいか?

それならまず「好き嫌い」というシンプルな感情を思い出すことだ。

やりたいことはやる。やりたくないことはやらない。「好き嫌い」を基準にすることで、少しづつ自分の主体性を取り戻すことができる。

自分のことを自分で決められれば、結果がどうであれ受け入れることができる。

人生に満足したいなら、主体性が不可欠。したいことをしてしたくないことをやらない。

そんな「好き嫌い」を通せる人生を目指そう。

出典

『大切なことは、「好き嫌い」で決めろ!』(学研、2016年)