最終的には無駄遣いは無駄にはならない

「やっちゃった」と思ってる美女

人間は利益を求めて働く。

しかし獲得した利益は消費するためのものではなく、新しい資本として投資するためのものである。

そしてこの増大した資本はさらに投資されて新しい利潤を生みだし、このような過程が引き続きくりかえされる。

エーリッヒ・フロム

今手元にあるお金をどう使うか。それが自分の未来を決める。

お金をただの楽しみのため、消費にために使うのは簡単だ。それはお金を一瞬の快楽に換えてくれる。

しかし、将来的に何も残るものはない。

スポンサーリンク

価値あるお金の使い方

大切なのは、お金を自分のためになることに使うことである。使ったお金が、いつか自分のもとに返ってくる使い方をすることである。

そのために大切なのは、無意味な消費は控えるべきだ。自分のためになる使い方をするべきだが、あえて言いたいことが一つある。

それは、人生ときに無駄と思えるようなお金の使い方も必要である、ということだ。

それは必ずしも、直接的に自分の利益となるお金の使い方とは限らない。

「経験」に投資する

趣味にお金を使い過ぎたり、ギャンブルでスったり、女遊びにハマってプロの女性に金を貢いだり。

そんな一見何にも役に立たないようなお金の使い方が人生を豊かにしてくれる。

もちろん、身を持ち崩すのはダメ。

だが、借金を抱えない程度、「俺はなんでこんなバカなことにお金を使ったんだ・・・」という経験は成長と学びのチャンスだ。

それが自分を一皮剥かせてくれる。人間の幅と厚みを広げてくれる。

お金を惜しむな、人生を惜しめ!

お金はムダにしてはいけない。

それは当然だ。自分のためになる使い方が一番いい。が、それだけでは人生つまらない。

ときにバカな使い方をして、ムダ金に思いっきり後悔してもいい。それも人生の愉しみである。

こんな非合理な考え方も知っておくと、人間的に面白い人になって、お金が全ての守銭奴にならずに済むだろう。

出典

『自由からの逃走』(東京創元社、1965年)