「これで良かった!」と納得できる人生を生きるヒント

花火を持つ少女2人

「長い人生」が「幸せな人生」とはかぎらない。「短い人生」であっても、「満たされた人生」がある。

田坂広志

一度きりの人生で大切なこと。

それは自分が心から満足できる人生を送れること。それは、何年生きたからどうだとか、そういう話ではない。

たとえ人生が短くても、「自分の人生はこれで良かった。やり残したことはなにもない。明日人生が終わってもそれでいい」と思えるなら、それはそれ。

一つの成功した人生である。

自分に素直になる人生

例えば、私自身の人生は失敗の連続だった。

10代の頃の夢は破れ、20代は就職、仕事、恋愛、あらゆる面で挫折を味わってきた。

しかし、自分がそのとき、できる限りの最善のことをし、自分ができること、したいと思うことを、恐れず行動してきた。

その結果人生がうまくいかずに悩んだこともあったが、後悔はない。自分ができることさえすれば、全てに納得できるのである。

だから突如、「あなたの寿命はあと一週間です」と医者に宣告されたとしても、人生後悔はない。

結果より大切なこと

したいことは行動で示す。

人生この姿勢は変わらない。失敗しようが挫折しようが不幸になろうが、人生後悔だけはしたくない。

自分がしたいと思う生き方を貫きたい。したくないことを我慢し続け、ただ生きるために生きるのは、自分の人生ではないと思う。

だからきっと、何歳生きるかはわからないが自分の人生に悔いはないし、今後何があろうと後悔しないことだけは、心から確信することができる。

自分がやるべきことをやってきた感があれば、結果などどうでもいいのである。

しなかった後悔は一生引きずる

一方で、人生で一番避けたいと思うのは、したいことをずっと我慢し続け、自分を殺し、誰かの犠牲になって生きていく生き方である。

せっかく自分という一度きりの人生を与えられ、今の自分にしか歩むことができない人生がそこにあるのに、不安や恐怖に支配され、人生をあきらめる。

それは単純に楽しくないし、我慢ばかりの人生が本当に意味がある人生なのか。大いに疑問を感じている。

実際、人が死の直前で後悔することの多くが、「人生でしてきたこと」ではなく、「人生でしなかったこと」を後悔すると言う。

あのときあれをすれば良かった。こうしていれば良かった。

どうやら人生とは、しなかったことが多ければ多いほど、未練が残るようになっているようだ。

最後に

人生は一度切り。

それなら自分にウソをつく人生はもったいない。我慢に我慢を重ねたところで、その見返りは驚くほど少ない。

それならもっとしたいことはやってみる。進みたい道があれば進んでみる。そんな行動の人になって、人生悔いを残さないようにしたい。

その際、失敗しようが成功しようが、お金持ちになろうが貧乏になろうが、そんなことは関係ない。

大切なのはいかに自分の人生に正直に生きたか。結局はただ、それだけである。

人生は一度きり。何かを成すより、どのように生きたか。真に問われるのは、ただそれだけである。

出典

『未来を拓く君たちへ』(PHP、2009年)

あわせて読みたい

人生を後悔しない人の絶対的習慣

今日一日を後悔しないように生きる。その積み重ねが

最良のときはいつもこれからやって来る。そう信じている限り人生は