幸せになるために考えた方がいいこと考える必要がないこと

陰

気を紛らわすこと。

人間は、死と不幸と無知を癒やすことができなかったので、幸福になるために、それらのことを考えないようにした。

パスカル

幸せを追い求めて、愛やら富やらを手にすることが「幸福になることが人生の絶対条件」のように思う人は多い。

しかし、幸せでなくても、ある程度のお金と、最低限の人間関係さえあれば、とりあえずは生きていける。

幸せであることにこだわらなくても、一応不自由はないし、したいこともできる。夢中になれる趣味があれば、なお良い。

むしろ、幸せ幸せとこだわることこそが実は不幸の源泉なのかもしれない。

スポンサーリンク

欠乏思考が不幸を招く

アレが足りない、コレがない。どれだけないもの探しても、幸福を探しても、それは決して見つからない。

そしてその欠乏思考こそが、人生におけるあらゆる災いと不幸を引き寄せる。

自分には時間がない。お金がない。友達がいない。信用がない。

このように「ない」ことばかりに意識を向けていれば、ますます「ない」自分にフォーカスがあたる。

そこからは何一つ、建設的なものは生まれない。

欲しがらなくなったときそれが手に入る不思議

だからないならないで、構わない。

別に、幸せでなくても、それなりに生きていける。その事実を知った人が、不思議なことに幸せを見つけることができる

求めれば求めるほど、求めるものは見つからない。欲しくて仕方がないとき、欲しいものは手に入らない。

こだわりを捨てた瞬間。求めたものがどうでも良くなったとき。

それは驚くほど自然に手に入る。あれだけ求めても手に入らなかったものが、いとも簡単に手に入る。

これだから、人生は本当に不思議である。

幸せは習慣だ

大切なのは、自分が持っているか持っていないか。そんなことは関係ない。

今持っていないものを考えても仕方ない。それにより、今自分が持っているもの。そして、これから手に入れたいもの。

つまりあるものに意識を向けることが重要である。

欠乏意識はマイナスを引き寄せるが、すでに持っているという充足意識は、さらなる恵みを引き寄せる。

あることに意識を向けるか、それともないものに意識を向けるか。たったそれだけの違いだが、その結果は劇的である。

だからこそ幸せはある意味習慣。自分の意識の持ち方次第なのである。

出典

『パンセ』(中公文庫、1973年)

あわせて読みたい

幸せなんて、かんたんにはなれなくていい。

生きるに値する人生を生きる。それがこの世に生まれた意味

「ありのままの自分が受け入れられる」という誤解