「自由って何?」というあなたへ

スポンサーリンク

自由ガール

「自由」を考えるとき、「価値」という概念を併せて考えていくと、理解しやすくなります。

自らの価値を、ほかの何物にも拠らず、ただ自らに拠って生み出すことができるのが、本当に自由な人です。

苫米地英人

自由という言葉は、無条件に人の心に響く。

世の中は制限に満ちている場所である。だからこそ、私たちは制限のない自由を求める。

自分で何をやるか決めることが出来る自由。買いたいものはなんでも買えるお金の自由。したいことを今すぐできる時間の自由。

一般的に、自由な人は、このような人を自由な人と考える。そしてそれは実際、自由な状態であることは疑いようがない。

スポンサーリンク

なぜ自由であるために内面が大切なのか

しかしこのような状態であることが自由のすべてではない。

世の中には不思議なことに、お金がなくても、時間がなくても、自由を感じている人がいる。

彼は、自分が正しいと思うこと、大切に思うこと、絶対的な価値観を持っている。

人が「良い」と言うものを受け身にとらえるのではなく、自分というフィルターを通じて、適切に理解している。

こういう人は強い。

周りが進む方向に流されず、かといって周囲から取り残される不安を感じず、我が道を行く。

お金があろうなかろうが、時間があろうがなかろうが、彼にとっては関係ないのだ。彼は自由は自分自身の心的態度だということを知っているからだ。

本当に自由である意味

この意味で、自由とは1つの状態だけではなく、メンタリティであるとも言える。

その証拠に、いくらお金があっても。いくら時間があっても。

いっこうに自由を感じられず、常に不安に覚えて、自分で自分を縛り、不自由に生きている人がいる。

逆に、お金がなくても時間がなくても。自分は自由で、したいことができる。生きたいように生きることができる。

そう心から思える人は、状態に関わらず自由である。だからこそ将来しかるべきタイミングで、本当に自由になることができる。

なぜなら、人の生きざまとはその内面の反映だからである。

自由に生きる覚悟を持つ

自由に生きたい。自分の思ったとおりの人生を実現したい。

そこで大切なのは、常に選択権が自分にあることを、思いだすことである。

私たちは嫌なことにノーと言うことができる。したくないことを拒否することができる。そして、自分がしたいことを見つけることができる。

進みたい道を探して、その道を進むことができる。それは誰からも強制されることではない。

だからこそ自由に生きたいと心から思ったとき。そして、自由に生きようと覚悟したとき。その道は開ける。

それは決して、絵空事の空想ではないのである。

出典

『努力はいらない!「夢」実現脳の作り方』(マキノ出版、2008年)