人生で起こること。それはすべて自分を鍛える訓練の機会

正面から現実を受け止める女性

私たちが何かを学ぶ必要があれば、人生は必ず最高の訓練の場を与えます。

ダン・ミルマン

人生はすべて途中経過。

人生で不本意なことが起こって、「近頃の自分の人生はイケてない」という状況に陥ったら一つ、思い出したいことがある。

それは、人生では学ぶ必要があることを学ぶようになっている、ということである。

なぜ図に乗るとその後の人生で失敗するのか?

例えば人生で謙虚さを学ぶ必要があるとき。

まず人生はあなたの人生を上向かせて、やることなすことがうまくいきやすいラッキータイムの日々を送らせる。

その後次に、人生が突如うまくいかなくなるような状況に陥らせ、すべてのことは自分の一人の成果ではないこと。

調子に乗らず、謙虚に生きていく大切さを強制的に教えてくれる。

不運続きは本当は不運ではない!

一方で人生が生まれてから長い間マイナスの連続で、「どうして自分の人生はこんなにもヘビーなのか?」という場合。

それは忍耐の大切さを学んでいる最中である。

物事は自分の思い通りにならないこと。不本意なことがたくさん起こること。そのなかで自暴自棄ならず、自分をじっと見つめて、生きた方を見つけていく。

つまり、逆境や困難を経験することによって、粘り強い心の姿勢を身につけているのであるが、その見返りは最強だ。

粘り強さを身につけた人は、その後の人生で何が起ころうと、決してくじけない折れない心という、最強の武器を手に入れることができるのだ。

学ぶ必要があるときに素直に学ぶ

このように、人生で何かが起こったときは、すなわち「あなたはこの機会に学ぶべきことを学びなさい」という、天の配慮が与えられたときである。

その経験はもしかしたら、不愉快だったり、納得できないことかもしれない。

ただ一つ言えるのは、起こったことに対して、文句を言っていても、現状は何も変わらないということである。

ならせっかくのこと。

与えられた状況から学び、人としてよりよく成長していきたい。そして、その経験によって一皮むけた未来の自分に、心を持っていきたい。

まとめ

人生で何かが起こった。それは、学ぶ機会が与えられたということ。

課題は人それぞれだが、結局のところそれは、今の自分が一番学ぶ必要があることである。

ここでの態度が、その後の未来を決定する。

起こったことは起こったこと。せっかくなのだから、腹をくくって、目の前の学びに気づきたい。

その先にこそ、学んで成長した自分に対する最高のご褒美が待っているのだから。

出典

『「魂の目的」ソウルナビゲーション』(徳間書店)

あわせて読みたい

順境で努力して逆境で勉強する。これが人生の好循環を生み出すコツ

勉強は自分のため。勉強すれば未来の自分を救うことができるから

今の自分よりもほんの少しでいい。「もっとマシな自分になりたい」という気持ちさえあれば