逆境は自分を変えるチャンス。自分を変えれば現実も変わる!

チャンスをつかむ

変化とは何かを失うのではなく、何かを得ることだ。

変化を恐れず、そこに楽しみを見出し、勇気をもって挑戦するものだけがさらに成長していける。

成長を阻むものとは、もしかすると変化を受け入れない自分自身ともいえる。

目の前の現実を好転させるには、まず自分自身が変わるしかないのだ。

野村克也

よく、ピンチはチャンスと言う。

人はピンチに追い込まれると、もはや今までの自分にこだわっていることはできない。

何が何でも、目の前の現実に対応せざるを得なくなる。自分を強制的に変えざるをえなくなる。

するとどうなるか?

自分が変われば行動が変わる。行動が変われば結果も変わる。結果的に、ピンチが新しい自分へ変わるチャンスとなり、目の前の現実も変わっていく。

やがてピンチを乗り越えたあとは、様々なご褒美が待っている。この意味で、ピンチはチャンスというのは正しい。

現実は人生の結果そのもの

自分を変化させていく。それによって、私たちは人生の荒波を乗り越え、人生を豊かにすることができる。

もちろん、「ありのままの自分」とやらにこだわるのも一つの生き方かもしれない。

だが、もし目の前の現実が思い通りのものでないのなら、いっそ丸ごと、自分自身を変えてしまえばいい。

結局は、現実が上手くいかないとき、いかに自分が変わろうとするか、そこが全てなのだ。

今までの自分ではダメだ。

だからこそ、自分を変えていかなければいけない。そして自分が変わったその先に、新しい未来が待っている。

新しい運命が待っている。

ピンチという最高のチャンス

ピンチは変化することを強制させるが、強制力がある分、結果も出やすい。

だから、もし人生でピンチがやってきたらこう考えてみるとよい。

「今回は自分を変えるチャンスだ。自分を変えて、もっと良い自分になろう。もっと良い人生を手に入れてやろう!」

そうすれば、起こったこと全てが自分にとって意味を成す。

ただのマイナスとしか思えない出来事ですら、自分がより良くなるためのチャンスに変わっていく。

それは決して綺麗事ではない。

ピンチがあるからチャンスがある。大切なのは、それを活かすことなのである。

出典

『言葉一つで、人は変わる』(星雲社、2016年)

あわせて読みたい

逆境は人生のターニングポイント

困ったことは起こらない。これが問題を乗り越えていく最強の考え方

本当に大切なものは苦労なくして手に入らない。苦労するからそれは本物になる