「偶然」をつかむものが運をつかむ。

幸せなカップル

「偶然」を大切にする人を運がいいと呼ぶ。

出口治明

人生の運で決まる。

運は偶然によってもたらされる。だから、運がいい人はタイミングがいい。

運がいい人は、いつも適切なときに適切な場所にいる。それによって、思いもしない奇跡が起こり、人生が開かれていく。

偶然あのときあの場所にいた。そんな偶然があるかないか、それによって、人生は面白いほど変わっていく。

なぜツイてない人はいつまでもツイてないのか

運に恵まれない人は、いつもタイミングが悪い。だから、出会うべきとき、出会うべき人、チャンスと出会うことができない。

しかし、運がいい人はタイミングがいいので、人生そのときそのとき、ベストタイミングで出会うべきときに出会うべき人、チャンスと出会うことができる。

それはあくまで偶然がきっかけだが、偶然をつかめるかつかめないか、その差は人生において雲泥の差となっていく。

だからこそ、決して偶然を見逃してはいけない。偶然の力を侮ってはいけない。

ツイてる人になるために

日々生きていく中、その何気ない偶然に遭遇する。

そのときもしかしたら、偶然の陰には何らかの必然性が隠されているかもしれない。とてつもない意味が隠されているのかもしれない。

「まぁいいや」ではすまされない、何か大きなチャンスが隠されているかもしれない。

だからこそ偶然に敏感になるのだ。

そうすれば、結果的に運がいい人になれるだろう。「偶然」を大切にする人こそが、運に愛される人なのだから。

出典

『人生の教養が身につく名言集』(三笠書房、2016年)

あわせて読みたい

人生は偶然が9割。偶然を追っていけば人生は劇的に変わる

「偶然」という人生の必然

本当の意味で人生が完全に変わってしまう瞬間