自己責任論は正しくない。人生は必ず「運」が絡むから。

どうして私は・・・と悩む

偶然や幸運は、しばしばその人の技能や先見性と同様に、いろいろな人々の運命を決める重要な要素となる。

ハイエク

率直に言って、人生で恵まれている立場にいる人の多くは、運の存在を否定する傾向がある。

すなわち、今自分が恵まれた立場にいるのは、すべて自分の努力と実力の賜物である。そう、努力が足りない。もっと頑張れば人生はうまくいく、と。

そう考えて、恵まれていない人を否定するが、これはもちろん、一面では正しい。

そう、努力なくして道は開けない。

自分で自分の道を切り開かんとする意志と意欲がない限り、人生は何も変わらない。そのことだけは確かだ。

しかしながら、実際人生では運が大きく絡む。

生まれ持った不運によって、そこから抜け出すことができず、人生の不平等を嘆く人がいる一方で、生まれた瞬間から、何から何まで、恵まれる人がいる。

実力は同じなのに、やることなすこと裏目に出る人がいる一方、まるで奇跡が起こっているかのように、やることなすこと都合よく上手くいく人がいる。

それはまさに、運としかいいようがない。

この意味で、自己責任論を語る上で大切なのは、そもそも人生は不平等であること。運が絡むものであるという現実を考慮する必要がある。

すなわち、人生は100%自分で決められるものでない。生まれつきの環境や、偶然の要素によって、道が強制的に決められてしまうこともある。

この意味で、人生を単純に「自己責任」の一言で片付けるのはやはり、無理がある。だから人生がうまくいかないとき、必ずしも「自分の責任なのだ」と悩む必要はない。

大切なのは、自分に後ろめたい生き方をしないことだ。

人生全力で生きる。まっすぐ誠実に生きる。それさえできれば、自分を卑下する理由は一つもない。

人生上手くいっていなくても、そのうち運も向いている。そう信じて、生きていきたい。たった一度きりのこの人生を。

出典

『渡部昇一 青春の読書』(WAC、2018年)