65歳無職無一文から人生逆転した男の話

KFC

失敗は新しい出発の機会を与えてくれる。

カーネル・サンダース

人生は何歳でもネバーギブアップ。

自分が自分の可能性を見捨てさえしなければ、何歳からでも人生をやり直すことができる。

その事実を身を持って教えてくれた人がいる。それがケンタッキーのおじいちゃん。

カーネル・サンダースである。

スポンサーリンク

KFCはおじさんが65歳のときに誕生した

もしあなたがケンタッキーフライドチキンを食べる機会があれば。

ぜひお店のロゴになっているおじいさんの笑顔を見て、このことを思い出して欲しい。

「カーネル・サンダースは65歳でKFCを起業した」

今や世界のどこでも見かけることができるケンタッキーのフランチャイズ店。

それは、カーネル・サンダーズがすべてを失った65歳のとき、始まったのである。

無職無一文からの挑戦

田舎のレストランオーナーとしてめでたしめでたし。

安心の老後を送れると思っていたのに全く不可抗力な出来事によってカーネル・サンダースは仕事を失い、将来の計画はパー。

財産と呼べるものも持たず、老後の人生を生きなければいけなくなったが、そこで文字通りネバーギブアップ。

レストランの人気商品だったフライドチキンをフライチャイズ化することを計画。

まさに背水の陣で挑戦したのが、KFCのフランチャイズであった。

もしカーネル・サンダースが人生をあきらめていたら?

カーネル・サンダースが65歳にして人生再挑戦。

それで成功をおさめることができたのは、彼が幸運だったからなのかもしれない。

それでもただ1つ言えるのは、カーネル・サンダースが、65歳になった自分の人生を、決して見捨てなかったということである。

「もう自分は65歳だから」と人生をあきらめる理由を見つけるのではなく、自分を信じ、未来を信じ、決断し、行動を起こした。

ぶんそれによって大成功をおさめ、逆境はチャラになった。

カーネル・サンダースの人生はきれいごと抜きに、人生ネバーギブアップ。あきらめない大切さを教えてくれる話である。

道は開ける!

そう、人生は何歳になってもやり直せる。

どんな逆境に陥ったとしても、自分が自分をあきらめなければ、思いもよらぬ方法で、人生逆転できる可能性がある。

だから自分が今何歳でも。たとえすべてを失い裸一貫人生をやり直すハメになっても。

逆転できる可能性はある。自分さえ人生をあきらめなければ、道は必ず、開けるのである。

出典

『遅咲きの成功者に学ぶ逆転の法則』(文響社、2016年)