経験に一切のムダなし。どんな苦労も苦しみも、そこから学べることがある

座って落ち着く

どんな災難にも、どのような不愉快な状況、失敗、あるいは肉体的な苦痛であっても、そこには、それに見合うだけの利益の種子が含まれている。

ナポレオン・ヒル

人生、ムダな経験など一つもない。

どんなに辛い出来事、苦しい体験からも、学ぼうとするならば、そこから多大な気づきを得ることができる。それこそが人生とって大きな意味を成す。

だからある意味、人生の災難や逆境というのは大きな収穫のときなのかもしれない。

スポンサーリンク

なぜそれが起こったのか?

人生で耐えられないのは、自分が経験していることが全くの無意味であることである。

すなわち、なぜそのようなことが現実で起こったのか?そこに「なぜ」を見つけることができない、理不尽さや「納得できない感」がある場合である。

しかし、もしあなたが人生で経験したことに何らかの「意味」があることに気づきさえすれば。「それを体験すべき価値」が生まれる。そして実際にそれはある!

特に、今あなたが人生で逆境を迎えているなら。なぜその経験をすることになったのか?なおさらその意味に気づく価値がある。

「価値がある」という信念

どれだけ災難がその身に降りかかろうとも。どれだけ状況が不愉快だろうとも。失敗によって心底打ちのめされようとも。それらを経験するだけの意味、価値、そして学びが絶対にある。

学ぶべきことに気づき、必要なことを学んだら。起どんな苦労も結局は収支がトントンになるということに気づくはずである。

だから苦しいときこそ。苦しいときだからこそ。

絶対に忘れてはいけないのは、その苦しみに見合う価値が必ずある、ということである。その価値に気づくことができるなら。

最後に

人生で起こることは意味がある。それがいかに理不尽で苦しいことであったとしても。それが実際に起ったなら、それが起こる意味がある。

大切なのはその意味に気づくことである。いや正確には、積極的に意味を見出そうとする心の姿勢を持つことである。

災難は表面的な出来事だけを見つめればただの災難でしかない。しかしそこから意味を見出そうとするならば。

「起こる出来事にはそれに見合うだけの利益の種子が含まれている」という言葉の意味が、その身で実感できるはずである。それは紛れもない、事実である。

出典

『ナポレオン・ヒル 自己実現』(きこ書房、2016年)